プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
神 (4)
死 (0)
心 (1)
霊 (0)
魂 (2)
仏 (0)
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先祖供養

夕焼け

[先祖供養] ブログ村キーワード
[墓参り] ブログ村キーワード

私が子供の頃、家族親族でお墓参りをした際は、先祖に対して、何かしらの願い事をしていた事を思い出します。その当時は、周りがそうしていたから、子供の私も自然と同じようにしていたと言えます。また、人の死後は何でも分かって、何でも出来る、目に見えないスーパーマンに成るという錯覚が有りました。

しかし、成人して自分で物事を判断する年頃に成ってからは、感謝や報告、決意の表明なら兎も角、何の努力も無く、虫の良い願を掛ける事には不自然さを感じるように成りました。況してや、先祖の霊が死後、いきなり神や仏のような存在に、大人格転換を起こして、変わる事が出来るのか甚だ疑問に思うように成りました。

あれ程、頑固で怒りっぽかった祖父が果たして、死後、急に観音様やお地蔵様のような柔和に成れるのかと・・・。

やがて、水波霊魂学に出会ってからは、人の心はあの世へ行っても、そのまま引き継がれ、そうそう急に変わるものでは無いという事が良く分かりました。肉体を捨て、幽体を表面の身体とした、あの世へ行っても、誰しもが単なる人間にしか過ぎなかったのです。

ならば「高い戒名を付け、お経を唱えて上げれば、仏に成れるんじゃないか?」と言う方も居らっしゃるかも知れません。しかしお経というのは、お釈迦様の教えや寓話が書かれているのであって、本来、何か特別な呪文とは異なります。大切なのは、お経を唱える人の修行により培った霊力であり、その霊力により、どれだけ高い霊魂を呼べるか?という事だったのです。

お経を唱える時、そこに先祖の霊魂が居て、高級な霊魂が居りてくれば、先祖の霊魂は救って貰えるかも知れません。また先祖供養に限らず、全てにおいて、お経を唱える人に霊力が有り、実際に高級な霊魂が降りて来るか?または力を降ろされるか?が重要だったのです。

と言う事は、聖職者だから、お経に力が有るとは限らず、一般人であっても正しく修行を行えば、誰でも霊力は持ち得るのです。
私は、そうした修行の法を水波一郎師より授かりました。

それは、いつも申し上げますが、荒行や難行苦行ではなく、女性でも子供でも容易に行う事が出来ます。そして、出家する必要も山へ籠る必要も無く、普通に日常生活を送りながら、忙しい人でも霊的な進歩向上を図る事ができ、霊力も身に付いていきます。

修行がある一定の段階まで昇れば、他者に対し、お祓いを行なったり、その他、様々な霊術(霊的技術)を行う事も出来るように成ります。当然、修行を土台としたお祓いや霊術なので、大きな力を発揮する事が出来るように成ります。

是非、多くの方がチャレンジ頂ければと思っています。

〈霊的トレーニングについて〉

http://www.kouhou-keizankan.jp/subpage3.html

スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

お盆

[墓参り] ブログ村キーワード

お盆休みという事もあって、この時期はお墓参りに行く方も多いのではないでしょうか。

お盆の一般的な通説では、天、人、修羅、畜生、餓鬼、地獄の六つの世界で迷っている霊を、精霊迎えとして各自の家に迎え、供養するという意味が有るようです。

なかには「新盆・初盆」としてお寺からお坊様をお呼びし、お経を上げて頂くご家庭も有る事でしょう。

また、いつもよりたくさんの果物やお菓子などお供えして、先祖のご冥福を祈る方もたくさん居らっしゃる事かと思います。

日本の古くからの伝統行事でも有って、日本人にとっては馴染みの深いものです。

ただ勘違いしてはいけないのは、良く人が死ぬと仏に成るといいますが、少なくとも、最近亡くなった自分のおじいちゃんやおばあちゃんが、あの世で急に、菩薩や如来と言った高度な意識体に生まれ変わるという事は無いという事です。

死後も生前の意識と全く変わりが有りませんし、いきなり特別な霊力を持つわけでも有りません。

肉体が無くなり幽体を表面の身体としただけで、その意識は生前のおじいちゃん、おばあちゃんそのままなのです。

子孫が悩み事を祈れば、過度に心配してしまうし、うっかり道を誤ると、あの世で本来住むべき世界に戻る事が出来なくなる、霊魂としては新米で未熟な存在なのです。

故人を偲び、尊ぶのは人として自然な気持ちですが、過度な願い事を掛けたり、心配させるような事は避けるべきだと言えます。

また逆に故人を成仏させる為として、たくさんのお経を上げる方も居らっしゃるようですが、生前、お経の意味が分からなかった人は、死後もその意味は分かりません。

お経は本来、お釈迦様の説かれた教えを物語りとしてまとめたものですが、それがいつしか、お経そのものが特別な呪文のように勘違いされている所が有ります。

現実には全く普通の人がお経を唱えて、死後の霊魂が救われる事は難しいものです。

一番大切なのは、故人が生前何らかの形で、霊的に高貴な存在を求め、そういった存在から高級な霊的エネルギーを受け取り、自らの幽体を健全化し成長させている事です。

生前の人生の積み重ねの延長として、あの世へ入り、自分の幽体の霊的状態に相応しい世界へと進んでいるのに、
それを他人が救うのは容易な事では有りません。

何十年も掛けて積み重なった、幽体の傷や幽体に染み込んだ穢れは簡単には消すことが出来ません。

それでも先祖の霊魂に救われて欲しいという時、それは子孫が自らの幽体を健全化し成長させ、高貴な霊魂と密着すれば必ずしも不可能とは言えません。

そうすれば特別なお経を上げずとも、高貴な霊魂の導きにより、自分と関わりの有る霊魂が、自然に救われる事も有るようです。

但し、それも救いの光が全く届かないあまりにも霊的に低い「地獄界」のような所に、落ちてしまった霊魂の救済は、ほぼ不可能と言えるでしょう。

子孫に立派なお葬式を上げて貰い、立派な戒名を付けて貰っても、死んでしまってからでは空しいものです。

死んでから「こんなはずでは無かった・・・。」と、誰しもそうは思いたく有りません。

やはり自分を救うには自分の努力しか無く、生前より霊的に高貴な存在を求め、自らの霊的進歩を目指す事が大切だと言えます。

<霊って何?>

霊って何?

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。