プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
神 (4)
死 (0)
心 (1)
霊 (0)
魂 (2)
仏 (0)
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年(2018年)

明けましておめでとうございます。

お正月と言えば、これを機に、生まれ変わる、新たな始まりといった考え方が、日本人の思想の根底に脈々と流れているように感じます。

家庭では、大掃除を行なったり、年越し蕎麦を食べて邪気を祓い、お正月に餅を食べては力を養い、新しい年を元気に迎えようとする風習が伝わります。

また数え歳といって、昔の年齢の数え方は、1月1日を境に、1歳が加算されると言います。

普段は、満年齢を使い、あまり気にする事は有りませんが、七五三や年祝い(古希、喜寿)、また厄年等は年齢を数え歳で計算するのが正式のようです。

日本人は、あるタイミングで生まれ変わり、今までの事は水に流し、前向きに生きていこうという意識が強いのかも知れません。

また、それは、古代日本では、太陽神を中心とした、八百万の神を信仰する社会だったので、清々しい朝日の光によって、凡ゆる災厄を清め、前向きに進んでいこうという思想が自然に醸成されていったのでしょうか。

しかし、そうした事も全て観念的であり、気持ちの上での事であって、霊的な観点からは、幽体が清まり、健全に成る訳でも無く、魂の罪穢れが消える訳でもありません。

やはり、大切なのは、古代よりの表面的な慣習のみを踏襲するのでは無く、何故、昔の人達が、そうした考え方に至ったのか、その根本を知る必要が有るのでしょう。

日本の古代人の生活は、全て神々への信仰から成り立って居り、それを支えたのが、禊法や鎮魂法といった霊的修行法であったと言えるでしょう。

そうした神伝禊法、神伝鎮魂法を行う事で初めて、日本人の心の奥底に流れる本来の感性が甦って来るのではないでしょうか?

日本も世界も、昇る朝日のように静かに安らかで、神々よりの御力を受け、真の幸せに至らん事をお祈り致します。

スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

謹賀新年 (2017年)

あけましておめでとうございます。新しい年の幕開けと成りました。
皆様にとって、更に輝かしい一年と成りますよう、お祈り申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

富士山

テーマ: 日記
ジャンル: 心と身体

2015年 未年(ひつじどし)

明けましておめでとうございます。2015年は未年(ひつじどし)。

羊は中国では天下泰平をもたらす吉祥動物の一つとされるそうです。実際、羊はおとなしく従順で素直な動物です。

昨年は、いろいろな事の起きた年ですが、今年は未年(ひつじどし)に相応しい一年である事を願います。

富士

テーマ: 心のつぶやき
ジャンル: 心と身体

悲しき事

世界的に紛争や戦争が多発し始めています。

また緊張状態の中に有るのは、日本も例に漏れず含まれています。

中には、宗教の名を借りて、武器を手に取り、戦う人達も居ます。

更には、ただ戦うのでは無く、非常に残酷な方法で人の命を奪う人も居ます。

仮に国や家族を守る為、戦わざるを得ない事が有ったとしても、例え、敵で有ったとしても、どんなに憎い悪い相手で有ったとしても、人権を無視した残酷な方法は決して用いられるべきでは有りません。

戦争や紛争は一旦起きてしまうと、簡単に命が失われますし、なかなか止める事が出来ないものですが、それでも人が人で有る以上、最低限のモラルは有ると思うのです。

勿論、戦争は起きないのが一番な事では有りますが・・・。

最近のニュースなどを見ていると、それらの行為は、とても人間の所業とは思えません。

もし、本当に信仰者で有れば、神を、高貴なる存在を真剣に信じている人が、そのような事を出来るものでは有りません。

恐らく、裏では大きなお金や権威・権力の拡大といった事が、大義名分として宗教の名を借りて行われているのでは無いかと推測されます。

そして、半社会的な考えを持つ人を集めては、そうした人達を利用しているのかも知れません。

所謂、死の商人と言っても過言では無いのではないでしょうか?

あまりにもあまりにも酷過ぎると思います。

大きな流れは私達、一般人にどうする事も出来ないですが、このような流れが日本にまで飛び火しない事を願うものです。

そして、如何なる宗教・宗派であっても、本当に真面目に敬虔な信仰者で有れば人を傷付けたり、非倫理的・非道徳的な事は良心に照らして、出来るものでは無いという事を、多くの人が知って頂きたいと思うものです。

暴力的・破壊的な事をする人の多くは、利用され踊らされているのだと言えるでしょう。

テーマ: 心のつぶやき
ジャンル: 心と身体

アイソン彗星

その昔より、人は夜空の星に神秘なものを感じ、時に憧れ、時に恐れ、見つめて来ました。

今月末には、アイソン彗星が太陽に大接近すると言う事で、今年最後の天文ショーに多くの方が期待しているかと思います。

しかしながら、古えの世界各地では日食、月食といった日々関わりの深い星が急に欠けたり、得体の知れない星が出現すると、それは不吉の前兆では無いかと騒いだりもしたようです。

天道説が当たり前で、地球が動いているとは夢にも思わなかった時代には、仕方の無い事なのでしょう。

故に天の異変は国をも揺るがす一大事として、時の為政者は盛んに天文観測を行わせたようです。

またそうした事から、昼夜の周期が日となり、月の満ち欠けの周期が月と成り、天体運動の周期性に基づいて、農作業を行うに適切な時期を知る為の暦も作られました。

また天の星々にはそれぞれの個性や性質が有り、地上の様々なものに影響しているとして、国や個人の未来を占う技術も作られたようです。

古えより、人類はあらゆる意味で、天体の運行とは切っても切り離せない関係に有ったと言えます。

しかし、これらは全て人類への天体の影響は受動的なものだったと言えるでしょう。

勿論、どれだけ科学が進歩しても大自然の運行そのものは変えられません。

よく「悪い星の下に生まれた。良い星の下に生まれた。」と言います。

しかし、人は星に支配されるだけの存在なのでしょうか?

いえ。決してそうでは無いと思います。

人の運命は努力によって変えられるものです。

もし仮に、それぞれの星が何らかの神秘的な力を持つとしても、ならば良い星の力を引きつければ良いし、悪い星の力を跳ね返せば良いと言えるでしょう。

いや寧ろ、火星が戦い・争いの星で凶星というならば、平和の星・吉星に変えてやる。それくらいの思いで居ても良いのではないでしょうか?

事実、人類には太陽や月、星々を神として拝し、神々もしくは神々の下に連なる高級な霊魂方と交流する為の、アンテナ(目印)としてきた歴史が有ります。

それは、本当は太陽や月、星々そのものが神なのでは無く、多くの人の想いが其処に集まり、多くの人が畏敬の念を持つが故に、高貴な存在が太陽や月、星々をアンテナ(目印)として利用して、力を降ろされたのが事実と言えるでしょう。

要は人の真剣な信仰心。それが其処に有る事が最も大切なのです。

そして、その信仰こそが人生をも変えていきます。

太陽も月も星々もきっと人間次第で微笑んでもくれ、またその霊的な輝きを増していくのだと思います。

もうすぐ私達に美しい姿を見せてくれる“アイソン彗星”。皆様にとって、良い輝きの星でありますように。

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。