プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1112回「2011年!私の初○○」

こんにちは!FC2ブログトラックバクテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは「2011年!私の初○○」です。

新年あけましておめでとうございます。
本年も、FC2ブログならびに、トラックバックテーマをどうぞよろしくお願いします

さて、新年初のお題は、2011年!私の初○○です。

初笑い、初夢、初詣…何でも構いません。
2011年になって初めてやった何か。

どんなこと...
第1112回「2011年!私の初○○」



今年の「初」で印象に残ったのは、雪遊びかな。

子供を連れて雪の有るところへ行ったのは初めてです。

でも幼児を連れてのソリ滑り程度なので、本格的なところへ行ったわけでは有りません。

それだけに積雪はそれほどでは有りませんでした。

でも雪遊びには十分です。

ソリに子供を乗せ、傾斜の弱いところでは有りますが、お子様の「もう一回!」の一声が続いて何度も引っ張らさせられました。

中年の身には息が上がりますが、お子様が喜んでくれると、つい頑張ってしまいます。

しかしそうして王様を乗せ御者の私が曳くソリは、コブに差し掛かった所で、ついにひっくり返ってしまいました。

「もう帰る!」と大泣きで、それでもなんとか宥めました。

今度はママと二人乗りで斜面を滑る事に成りました。

子供とお尻の大きなママの乗ったソリが滑り始め、またもやコブに遭遇し、それを乗り越えジャンプした途端、ソリは見事に破壊されゲームオーバー。

仕方がないので雪ダルマを作ろうと言う事に成り、雪を集め固めようとすると、なんと乾雪の為全然ダルマに成らない。

頑張って漸く身長20センチ位の雪ダルマが完成。

大人としては不完全燃焼だけれども、幼子にとっては十分だったようです。

木の枝や小石を拾って、喜んで目や手を作っていました。

そうした中、深々と雪は降っていました。

雪と言うのは不思議と清らかな気持ちに成ります。

雪が降る時の静けさと澄んだ空気。そして気高く白い姿。

もちろん、恐ろしい牙を剥く事も有るけれども、静かな時はまるで妖精のよう・・・。

雪は塵やホコリを水蒸気が食べ、それを核として形成されると言います。

塵やホコリというと、一般に人間には嫌われ者です。

汚れを自らに取り込んで、美しい姿を表現しています。

雪は天からの贈り物。

天には神が居らっしゃる。

神はこの世やあの世の全ての存在を許して居らっしゃる。

悪人も善人も。悪霊もそうでない存在も・・・。

神の経綸を妨害するにも関わらず、神が悪霊を消し去ったという事は聞いた事が無い。

真の神は善悪を包含し、あまりに高貴な存在と言えるだろう。

私は人見知りで好き嫌いが激しく、あまりに心の狭い人間・・・・。

でもいつかは、どんな悪をも呑み込み純化する、そういった姿にほんの僅かでも近付きたいと思うものです。

<霊って何?>

霊って何?

スポンサーサイト

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

謹賀新年 (2011年)

明けましておめでとうございます。

旧年中は皆様に応援を頂きました事、誠に有難うございました。

心から感謝申し上げます。

今年は卯年。卯年の「卯」は暦で「草木が茂り地面を覆うように成った状態」を意味するそうです。

春に芽吹いた草木が、今年は成長・繁茂する年として、希望を持ちたいものです。

ただ希望を持つと言っても、全く何もしないで単なる楽観だけでは、現実の問題は何も解決しません。

現実を見据えつつ、それぞれの人がそれぞれの立場で、今出来る一歩を積み重ねてこそ、
目標の達成が出来るし、問題解決の糸口も見出されて来るのだと思います。

生きる事は悲喜こもごも、様々な事が有りますが、それでも決して諦める事無く、進んで参りましょう。

拙文ばかりのサイトでは有りますが、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

ミツバチ

[ミツバチ] ブログ村キーワード

週末に、養蜂家からミツバチの巣を見せて貰う機会を得ました。

単独のミツバチは良く見付ける事が出来ますが、巣箱に集団を作っている姿を見るのは、生まれて初めての経験でした。

「ブーン」という小さな羽音が、とても懐かしい響きを感じました。

一際目立つ、大きな女王蜂は巣穴にせっせとひたすら卵を産み付けています。

それを取り囲むように、雌の働き蜂がひしめき合っています。

そして、その中に遠慮がちに黒っぽい色をした雄蜂がパラパラと混じっています。

栄養価の高いローヤルゼリーを食べ巨大に育った女王蜂は長くて6年位生きるそうです。

それに比べて、雌の働き蜂は1年程度の寿命との事です。

そして悲しいのが雄蜂で、子孫を残す為の仕事が終わると、さっさと働き蜂によって巣の外へ追い出されます。

やがて蜜を集める能力の無い雄蜂は餓死してしまうそうです。

さすがに人間社会のお父さんも、そこまで悲しい扱いは受けないものですよね。 (^ ^;)

でも実は雌の働き蜂も大変で、敵が侵入して来た時には毒針で対抗するのですが、その針には返しが付いていて、敵に針を刺して飛び立つと自分の内臓毎引きちぎれて、死んでしまうそうです。

それにより針を通じて敵に毒を送り続け、また揮発性の物質を発散して、仲間へ更なる攻撃を促す合図と成るそうです。

ミツバチ社会は一見、一匹一匹の命が軽いように見えます。

しかしそれは彼女、彼らは女王蜂と巣全体が安泰で有ってこそ、その存在意義・生きる意味が有るようです。

女王蜂や巣が無くなる位なら、自分一匹が犠牲に成った方がいいと・・。

もちろん小さな生命体と人間を一概に比べる事は出来ません。

とは言え人間は何に対して自分を捧げる事が出来るのでしょうか。

お金? 家? 車? 衣装? 宝石?それとも・・・。

けなげな蜂達に考えさせられるのでした・・・・。

蜂

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

スタート地点

ラジオを聞いていると書道家 木下真理子さんが招待され、お話しをされていました。

木下さんの座右の銘は「終わりを納める事、初めの如し」と言う事だそうです。

その意味は、物事、初めのうちは慎重に一生懸命やるけれど、終わりが近づき慣れて来ると、油断をして気が抜けてしまい情熱も薄れて来やすいので、最初の気持ちを常に忘れないよう心掛けるとの事です。

霊的な修行の道も多少、上に登って来ると油断しがちです。

修行の道で大切なのは、道を歩きはじめたばかりでも、かなり歩いて居ても、指導霊と共に歩んでいるかと言う事でしょう。

となると、ベテランだからと言って、踏ん反り返っていると、足元をすくわれるという事にも成るでしょう。

実は、初心者もベテランも関係無いのではないでしょうか。

常に、スタート地点に居る気持ちを、心掛けていきたいと思います。

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

倫理・道徳

たくさんの人の中、道を歩いていると、急にその流れから外れる人がいました。

何だろうと思い、そちらを見ると、その人は見ず知らずの人がコンビニで買い食いをして捨てたと思われるゴミを拾っていました。

これには理屈抜きで素直に頭が下がりました。

人が見ていない所ならまだしも、たくさんの人が見ている所で、サラッとそういった事を為すのは気恥ずかしくて、却ってなかなか出来るものでは有りません。

今どき凄い人が居るものだと思いました。

一般的に倫理・道徳は、この世の善悪を基準としていて、必ずしも、霊的な価値と一致するものでは有りません。

しかしながら、何も見返りを求めず、自らが汚れ犠牲に成るという時、それは道に通じるかも知れません。

人は得てして、善行や奉仕を行うと言う時、これで天国へ行けるとか、地位や名誉を授かるとか、そういった事を考えがちです。

動機づけとして最初のうちは、それでも良いのかも知れません。

そういった行為の集まりで、世の中が少しでも良く成るなら万々歳です。

でも真に高級霊魂がお認めに成るのは、全てを捨てて、ただ為す人なのかも知れません。

そしてそれが真に、霊的価値に照らした倫理・道徳に通ずるのではないでしょうか。

私自身、振り返ると反省すべき事ばかりで、道はまだまだ遠く険しいと言えます。

<霊って何?>

霊って何?

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。