プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイド イン ジャパン

[日本製] ブログ村キーワード

日本には日本人だからこそ出来る、行き届いた細やかな配慮と技術が有ります。

それは日本人が祖先より受け継いで来た文化、目に見えない心や遺伝。そうした影響も有るのでしょうか。

それ故に日本製品と言うと、それだけで世界中の人が安心して使って貰えるような、信用有る一つのブランドへと成長して行きました。

しかしリーマンショック以降の経済的打撃、新興国の台頭などから、日本経済はまだまだ立ち直ったとは言えません。

寧ろこれからは、一時期のような絶頂を狙うよりも、長く安定した路線を目指すべきなのかも知れません。

盛者必衰の理。繁栄の頂点を極めた者はいずれ陰りを見せるもの。

この世に永遠のものは無く、ボクシングで例えれば、ずっと何時までも、チャンピオンで居る事は出来ません。

皆が必死に、追い付け追い越せで、必ずいつか後を追って来る者に、その座を奪われます。と言うよりも、本当は自身の肉体の老いに勝てないのだとも言えるでしょう。

それ程に、常に頂点に居る事は難しいのだと言えます。

しかしそれでも日本の古代には、他国には無い、非常に高貴な霊的文明が有りました。

その霊的な伝統は、今では形骸のみが僅かに残って居ると言えます。

しかし目に見えない霊的に高貴な力は、消える事無く現代にまで受け継がれて来ました。

それは時代の節目、節目に於いて、古代よりの高貴な力を、守り伝えて来た方々が居た為と言えます。

その力が日本の象徴とも言われる富士山に隠されています。

今や富士山は「世界文化遺産」として登録されました。

それは誰もが知るように富士山が生み出した文化。「信仰と芸術」をテーマにして居ます。

「自然遺産」として登録されなかったから、その逃げ道としてでは無く、富士山は古代より、霊山として多くの人の信仰の対象だったのですから、そうした姿こそが見直されるべきと言えるでしょう。

現代に於いて、神々の世界より見た時、神的なアンテナと成り得る高貴な山は、世界中を見回しても日本にしか無くなってしまいました。

まさに日本人の祖先が、守り伝えて来た、真の意味での尊い遺産なのです。

仮に日本が経済大国の座から外れても、それとは無関係に、日本人が真の意味で誇りに思って良い事だし、自信を持って良い事なのです。

しかし現代はあまりにも、無神論者が多く成り、神や霊魂を否定する為に、古代より引き継がれて来た、高貴なる力は消えそうに成っています。

高貴な力を守り伝えようとする人が全く居ない為、その力は風前の灯火と言っても過言では無いでしょう。

その光が消えるのも、輝きを増すのも現代の私達次第。

富士が神界より見ての、神的アンテナとしての輝きを増すなら、日本のみならず、世界全体の真の救いにも繋がるのだと言えます。

その時、宗教、宗派、思想を超えて、日本の富士山より降下する、神気、霊気に多くの人が感涙する事でしょう。

それ程に、私達、日本人の双肩には本来、使命と役割と、重い責任が掛かって居るのだと言えます。

受け継いで来た高貴な力を決して絶やさない事。いやそれだけでは役に立ちません。

その輝きを強くし、富士の頂上から裾野へ・・・。そして世界中にその力が流れて行くよう努力して行かなければ成らないと言えます。

それには先ず、古の達人が言われた「汝の神を愛せよ」。

そして霊的なトレーニングによって、富士から流れ来る高貴なる御力を受け取れる自分を目指す事。

そこから全てが始ると思います。

スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

登山

6月も半ばを過ぎ、いよいよ夏が近づいて参りました。

夏ともなると海へ山へと行かれる方は多いと思います。

今や富士山もそういった対象の一つと成っています。。

しかしながら富士山は本来霊山であり、信仰の対象です。

日本の古代では、そういった山をご神体そのものとして、そのご神体へ登る事は大変憚られました。

寧ろ、麓からそういった山を崇め、麓で神事を行なうのが常でした。

山は汚さず、麓で儀式を行なった方が、霊的にも高級な力は降りて来ます。

しかしながら現代では、そういった霊山へも多くの人がスポーツの一つとして登るように成り、霊的には大変汚され、高級な力は全く降りて来ないというのが現状です。

更に言えば、富士山のような山は良くも悪しくも日本の象徴とされ、他国からの悪感情が念と成ってすぐにこの日本の象徴へと飛んで来ます。

その為、高級な力が降りないばかりか、そういった状態の富士山へ登る事は霊障を受ける可能性も大きいと言えます。

もし霊山へ霊的な何かを求めて登らんとする人が有った場合、それは却って逆の結果を招いてしまうでしょう。

少なくとも道を求めんとする方に有っては、霊山を土足で踏みにじる事無く、山へ登らずとも、神伝の修行法こそが、山よりの高貴な力の流れを受ける、唯一の方法で有る事をご理解頂けたらと思います。

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

富士山

富士山は本来、神霊より見ての神的アンテナと言えます。

しかしながら、現代はあまりに世の中が物質偏重主義、目に見えない世界の事を否定して来た為、アンテナである富士山は霊的な意味で穢れてしまいました。

その為、神は岩戸へお隠れに成った状態と言えます。

どうすれば、アンテナたる富士山は復活するのでしょうか。

私のレベルでは難しい事は何も分かりませんが、多くの方が魂を清め霊的身体を強化し高貴なオーラを輝かせ、霊的な意味での富士山の前に立つなら(物理的距離は関係有りません)、神自ら岩戸を押し開けてお出でまし下さる事も有るかも知れません。

それこそが物質的幸福よりも人の魂の長い歴史にとって、真の幸福に繋がるのではないでしょうか。



<霊って何?>
reiwosaguru2


テーマ: 写真日記
ジャンル: 日記

日本では、各地に霊山と呼ばれる山々が多数有ります。そういった山には神や仏が鎮まるとされています。何故、山なのでしょうか。山には頂上と呼ばれる部分が有ります。

高級な霊的、神的世界の存在が地上に、その力を降ろそうとされた時、山の頂上というのは、焦点を定めやすいようです。

本当に力が降りている焦点の周囲には、特別な霊気が漂い、またそれが力の帯と成って地上に流れる事も有るようです。
(エジプトのピラミッドも過去にはそういった意味が有ったようです)

しかし残念ながら、現代では様々な理由から、そういった山は少ないようです。
日本の神話で言えば、神が天の岩戸にお隠れに成っているのと同じかも知れません。

八百万神(やおよろずのかみ)が岩戸の前で舞い踊り、神を引き出したように、現代にもそういった世の中が到来して欲しいものです。

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

富士山2の写真について

記事(富士山2)の写真が小さくて見にくかったので、
大きな写真に変更致しました。

宜しければ、ご覧下さい。

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。