プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
神 (4)
死 (0)
心 (1)
霊 (0)
魂 (2)
仏 (0)
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表面の幸せ / 真の幸せ

富士迎春

[申年] ブログ村キーワード

いよいよ2016年と成りました。

今年は申年ということで、申年の「申」は「草木が成長し、付けた実も充分に成熟する時期」を表すそうです。また「申=猿」として「災厄が去る」とも言い、猿は神の使いで有るとか、山神の化身ともされて来ました。

今年の正月は、気候も穏やかで申年に相応しい出発に成ったように思います。神社仏閣への初詣も好天に恵まれ、参拝者はかなり多いようです。

年末年始を節目として、正月に神仏の御前に詣でる習慣は、日本の良き伝統の一つとも言えるのでしょう。

しかしながら、伝統も形のみ受け継がれ魂を失ってしまうと、それは形骸のみが残ってしまいます。年に一回しかお参りをせず、虫の良い事しか祈らない人に対しては、もし自分が神社仏閣の奥で、祈りを聞いている神仏の立場に立つとすればどうでしょうか?力を貸そう。助けてあげようとは、なかなか思えないのでは無いでしょうか?

私達の日常に於いても、家族や親戚、友人ならまだしも、普段、関わりの無い見ず知らずの人が、無礼な態度で何かの協力を求めて来ても、そうした人に、何とかして上げようとは、なかなか思えるものでは有りません。やはり最低限の礼儀と普段からの関わりの深さが、どれだけ協力出来るかの指標にも繋がって来るかと思います。

勿論、本当に困っている人に関しては、その限りでは有りませんが・・・。

今や、日本の初詣は、そうした事に疑問を持つ人は、参拝者にも、神職・僧侶にも少なく成ってしまったように思われます。「周りがそうなら、自分もそうしても構わない」と世の中の風潮に流され、麻痺してしまっている感が有ります。特に、日本人の場合、風潮や流行りに流され易く、個性や信念よりも、兎に角、人数の多い方に付く事が正しいと思う傾向が強いように思われます。

仮に、何かしら願い事が叶ったとしても、それで本当にその神社仏閣が素晴らしいと言えるのでしょうか?もし、願いが叶えられ大金持ちに成る事が出来たとしても、それが本当に、その人の人生にとって、真の幸せと言えるのでしょうか?

真に人間の事を愛し、考えて下さる本物の神仏なら、極端な例かも知れませんが、寧ろ、その人を一度、貧乏のどん底の経験をさせた方が、長い人生で見てプラスに成ると判断される事も有るかも知れません。人間社会に於いても、甘やかすだけの親や指導的な立場の存在は立派とは言えず、子供や後進の真の成長を願うからこそ、時に厳しい事も言い、時に試練を与える事も有るものです。

故にどんな願いも叶えてくれるという所には、もしかすると魔物のような存在が居座っている可能性も有ります。そうなると悪魔に魂を売って、ご利益を掴んでいる事に成ります。悪魔・魔物であれば、最終的に人の魂を自分のものにする事が出来るなら、凡ゆる願いを叶えてくれるでしょう。付けを払う時が来れば、いずれ地獄に突き落とされます。

如何なる世界も虫の良い話しは有りません。しかし何故か、日本の人達の多くが神社仏閣には、それを求めてしまいます。

人は表面の幸せのみを追い求めても、真の幸せには至れません。

例えば、今年は穏やかな正月です。一年のスタートでも有りますし、正月の間はそれを喜んでいても良いと思います。

しかし正月を過ぎたなら一度、掘り下げて考えてみる必要もあるのではないでしょうか?ひょっとすると、季節外れの穏やかな天候も、地球温暖化による異常気象の表れの一つかも知れません。今や、地球温暖化は、学者さんの空想や夢物語ではなく、現実のものとして浮き彫りにされて来ています。

何時までも能天気で居るのでは無く、今後の対策や警戒、注意も具体的に考えていく必要が有るでしょう。また温暖化のみならず、世界で起きている天災・紛争・経済などの凡ゆる問題は、実は霊的な原因も複雑に絡み合っています。

水波霊魂学では、人には「過去世」が有り、「何度も生まれ変わりを経験している」と言います。その過去世の経験の中で、多くの成功や失敗、喜びや苦しみを味っています。

そうした記憶は、潜在意識の奥の奥に引き継がれ、今世に於いても、過去世の経験と似たような状況に出会う時、甦る事が有ります。それは、過去世と同じ失敗を繰り返したり、表面の自分では分からないけれど、ある人を嫌ったり、ある人には好感を持ったりします。

また過去世に於いて、自身の良心に反する行為を犯していた場合、その償いをしたい、という意識も眠っているようです。例えばの話しですが、過去世に於いて◯◯民族に対し暴力的な迫害をしていた場合、今世に於いては「◯◯民族に対して償いをしたい」と潜在する意識は思っている事が有るのです。

そうした過去世よりの記憶に影響された意識を「霊的カルマ」と言います。霊的カルマが、人生の様々な岐路に於いて大きな影響をもたらしています。

それは、過去世に於いて、他に命を奪われた、奪ったという場合も有り、その時の後悔や苦しみは非常に強い心情で、表面の意識でコントロールしたり、自覚するのは難しく、殆どの場合は、無意識の内に振り回されてしまいます。

更には、高低様々な霊魂のインスピレーションも加わり、一つの判断をする上で、表面の自分には分からない次元で、凡ゆる影響力に左右されています。

そして世界中の一人一人が、そのような霊的カルマや霊魂の影響により判断した結果・集積が、現在の世界の情勢だと言えます。低い霊的カルマや霊魂の影響により、この世の霊的な気(エネルギー)の質が低く成れば天変地異も起きやすく成ります。

故に、人類が真の平和や幸せに近づくには、物理的な対策も勿論大事ですが、それに併せて本来、霊的カルマを清め、解消する事が不可欠なのです。霊的カルマを清め、解消する方法を水波霊魂学では「神伝禊法」として説いています。

似たような霊的技法は日本の古代や世界の一部でも、霊的な達人により開発されましたが、仮にそうした技法を手に入れたとしても、現代社会は大変、複雑に成り、霊的な事情も同様に複雑化した為、現代では通用しにくく成っています。

「神伝禊法」は現代の複雑な霊的事情を鑑みて、水波一郎師が神霊との契約(約束事)を交わし、現代人の為に作成されたものです。

是非、より多くの方が、邪気や低い霊魂を退け、自身の魂・幽体をも清め得る「神伝禊法」を体験され、人生の真の目的、幸せへと向かわれる事を願ってやみません。

◆ 水波一郎 著 『神伝禊法』

http://www.amazon.co.jp/dp/4865430105/

スポンサーサイト

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

先送り

人は良くも悪くも、現実に目を瞑り、現実を逃避します。

時に、それをポジティブ思考として、最高の生き方であり、社会のトレンドとする風潮も有るようです。

勿論、ネガティブで泣いてばかりいては、人生を歩む事など出来ません。

とは言え、現実に目を瞑り、臭いものに蓋をしても、問題が消える事は殆どの場合有りません。

一見、終息したように見えても、根本的には何一つ解決していないのです。

草は根っ子から枯らさなければ、またノコノコと生えてきます。

事態が深刻であればある程、尚更です。

やはり、現実としっかり向き合い、一つ一つをこなしていきながら、解決への糸口を探り、トンネルの先の光を見出さねばなりません。

その時、その時の最善を尽くし、その上で、「なんとか成る!」とポジティブ思考で、どんと構えるなら、それは素晴らしい事なのでしょう。

ただ何もしないで、待っていても、現実の受験には受からないし、原発の放射能も消えてはいきません。

やはり、行動が大事なのです。

人間は、いやとりわけ日本人は、楽天的なのか、いつも現実から逃避してしまう国民性が有るような気がします。

夏休みの宿題をやらないで、放っておいても、誰もやってはくれないし、決して片付く事はありません。

そして、いつもギリギリに成って慌てる事に成ります。

現代は、霊的には非常に汚れた世の中と成っています。

何故なら、無神論者、無霊魂論者が増え、あまりに物質的な世の中と成ってしまった為、神々、高級な霊魂方よりの光は全く降りなく成ったからです。

人が神や霊魂は居ないと思い、霊的な光が降りて来ないのですから、邪悪な霊魂、未発達な霊魂達は我が物顔でのさばるように成ってしまいました。

この世は、地上の世界は、低い幽気、低い霊的エネルギーで満ち溢れるように成っています。

まるで、大気汚染、光化学スモッグの中で生きているようなもので、段々と、幽体は不調に成り、霊的な活力も失っていきます。

それは、世の中があまりに物質偏重で、霊的な事を否定するように成ったが故の、理屈から考えても当然の結果と言えます。

それが分らないのは、現代人が客観的に本質を見つめようとする理性が無く、また、あまりに霊的な感性を失ってしまったからと言えるでしょう。

神を否定しても、霊魂を認めなくても、それでも、全ての人には幽体が備わっているのでした。

所謂、霊能力のような特別な人のみが持つ能力ではなく、霊的な感性は、人に幽体が有る限り、大なり小なり持ち合わせているのです。

全ての人はこの世でもあの世でも、本来、霊魂であり、誰がどのように高度な思想や学説を唱え、否定しようとも、事実は決して変わりません。

事実や真実に目を瞑り、先送りにするという事は、手遅れになる可能性もはらんでいます。

夏休みの宿題なら先生に怒られるだけかも知れませんが、健康診断で重大な疾患が見付かり、それを放っておいては大変な事に成ってしまいます。

もし、真実の雰囲気や気配を感じたなら、先送りにする事無く、自身の深い所からの直感を信じて、迷う事無くそれを掴む。それが最善の道なのだと思います。

Fuji

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

正体

人の正体を見抜くのは難しい事だと言えます。

高級なスーツを身に纏い、美しく着飾り、美辞麗句を並べ立てられると、「この人は素晴らしい」と、つい思いがちなものです。

それは人が人の表面、姿・形しか見る事が出来ず、心の中までは見えないからと言えるでしょう。

それでも出会った方が、自分が見たままの、内面に於いても一点の曇りも無く、表も裏も無い、真に素晴らしい方で有れば、それは幸いだと言えます。

しかしながら、世の中、そうとばかりは限りません。

「世の中に美味い話しは無い。」と分かってはいても、何時の間にか、巧みな言葉に乗せられ、手練手管に巻かれ、有らぬ方向へと迷い込んでしまう事が有るものです。

そうした事も取り返しの付くような事で有れば、一つの人生経験として済ませられるでしょう。

しかし、そうでない場合、人生を棒に振りかねない場合も有ると言えます。

所謂、本当の悪人は必ずと言って良い程、善人を装って近付いて来ます。

誰一人、「私は悪人です。」と名乗る人は居ません。

人の内面や経験して来た事は、良く良く見れば、その人の美醜に関係無く、その表情や雰囲気に滲み出て来るものです。

しかし真に悪意を持って近付いて来る人は、「自分は善人ですよ」と言わんばかりに、素晴らしい笑顔でもって、それを打ち消し、悪意を微塵も感じさせません。

寧ろ、世の中には一見、とても怖そうだけれども、話してみると、とても優しい人だったという事も良く有るものです。

人は見掛けだけでは、判断出来ないと言えるでしょう。

霊的・宗教的世界の観点から言えば、例えば仏教ではたくさんの仏様が居らっしゃいます。

柔和な表情の仏様。一方で大変、怖い忿怒の形相をされた仏様も居らっしゃいます。

どちらも、仏様の一面のお姿で有って、いずれも尊い仏様だと言えます。

忿怒の形相の仏様の代表としては、不動明王と言う仏様が居らっしゃいます。

怒っている姿が決して悪いのでは無く、破邪顕正の頼もしい仏様として、信仰されている方は多いようです。

またキリスト教で言えば、イエス師は神殿の前で商売をする人達を、聖地を汚すものとして、きつく叱り付けたと言います。

それらは、宗教的、霊的に見て、人は絶対に怒ってはいけないのでは無く、時と場合に応じて、怒りも必要で有る事を表していると言えます。

もちろん、不必要に一日中、怒ってばかりいては、無用な敵を作り、協力者を失い、自分も周りも不幸にし、正しい行為とは言えないでしょう。

しかしながら、このままでは、多くの人が崖に落ちてしまう。そうした時は怒ってでも、「そちらの方向は危ない!」と叫ばないといけないのでしょう。

多くの人が、あまりに危険な方向に向っている時、何一つ心を揺らす事無く、冷静にただ見ているだけというのは、人の道、更には神の道にも反するのでは無いでしょうか。

とは言え、崖に向う人達が、それを止めようとする人を「何を言ってるんだ。」と突き飛ばし、一切無視するなら、それ以上、何も出来るものでは有りません。

それは人の自由意志と言えましょう・・・。

しかしながら、歴史上、いつも世の中の未来を案じ、警鐘を鳴らして来た方々は、いつも無視され、それだけならまだしも迫害され、罵られ、磔にまでされて来たのが現実と言えます。

羊の仮面を被り、もっともらしい事を並べたて、「私は愛の化身。平和の天使。」と振る舞う人に、気を付けなければ成りません。

その変装は巧妙で、決して尻尾を見せる事は有りません。

人にとって都合の良い事ばかりいう存在には注意が必要です。

親が子に何かを言う時、優しい事ばかり言っては居られません。

その子の将来を考えれば、時に厳しい事も言わねばなりません。

何をしても「いいよ。いいよ。」では、その子は我儘放題で、将来、人生の落伍者と成ってしまうでしょう。

真に子供の事を想ってくれるからこそ、怒ってもくれる・・・。

キリスト教では、キリストの再臨を願う方も多いようです。

しかし仮に現代にキリストが再臨為されても、果たして人はそれに気付けるのでしょうか。

誰一人として、2000年前のキリストの顔を知る人は居ないのです。

また2000年前と同じ教えを説かれる事も無いでしょう。

必ずや、現代のその国の人達の知性や文化に合わせた教えを説かれる筈です。

キリストが再臨されても、無視しているかも知れない。ひょっとすると足を引っ張っているかも知れない。

ただ言えるのは、そうした真にメシアと言われる方は、人にとって必ずしも都合の良い事を言って下さるとは限らないと言う事です。

寧ろ、厳しい事を仰り、世間からは大悪人と呼ばれているかも知れません・・・。

2000年前、イエス師は大悪人として、磔にされてしまいました。

もしキリストが現代に再臨されるとすれば、人はキリストの弟子達がそうであったように、キリストの高貴な何かに感応し、「はっ!」と目覚めなければならないと言えるでしょう。

それは表面の姿や言葉の良し悪しによるものでは無く、理屈でも有りません。

霊的に高貴な何かに感応し、心を震わせ、自然に平伏してしまう。

人はそうした感性と素直な気持ちを常に持っていたいものです・・・。

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

救い

[カルマ] ブログ村キーワード

救いとは何でしょうか。

私は、自分で自分を救う道が真の救いだと思っています。

偕越ながら私は修行の会に於いて、霊的修行法を実修し、霊魂学を学んでおります。

当然の事ながら、修行とは自分自身で実践するものです。

修行によって、自身の霊的カルマを乗り越え、自分の力で人生を切り拓いて行く事が修行者の道だと思います。

確かに道を歩む上で、自分を導いて下さる師や先達は居らっしゃいます。

でも代わりに道を歩んでくれる訳では有りません。

どうすれば真理を掴めるか、幸せを掴めるか、その方法を示して下さるだけです。

修行の道は他者に救いを依存する事では有りません。

お金を払って自分は何の努力もせず、ただ救って欲しいだけの人は、この道は相応しくないと言えます。

そういった方は他の道を歩まれた方が賢明です。

霊的修行法は肉体的な苦痛は伴いませんが、やはり修行ですので別の意味での厳しさは有ると言えます。

それは自分の人生に自分で責任を持ち、他の人に迷惑を掛けず協調を心掛け、一歩一歩努力を積み重ねるといった、心構えを持つ事では無いかと思います。

それらを納得された方が、霊的修行の世界への架け橋を渡って頂きたいと思うものです。

当たり前の事ばかりですが、何故か霊的・宗教的世界を目指すと、こういった事を忘れる方が居らっしゃるのも事実です。

自分の霊的な罪は誰も肩代わりは出来ません。

メシアが救ってくれるのでは無く、自分にとっての真の救い主は、他でも無い自分自身です。

<霊って何?>

霊って何?

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。