プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本質

ある日仕事で会議に参加した時、とても疲れました。

議長の言葉の端々を捕まえて揚げ足を取り、言葉に詰まる一人のその人を責め立て笑っている。

ちょっと考えれば分かる事なのに、言葉の奥、文章の行間に有るものを全く読めない。

手とり足とり、全てを表現し書き表さなければならないのか・・・。

こういったあまりに理屈っぽい人は、この世の理屈を超えた、霊的真実・本質を理解する事は、容易な事では無いのでしょう。

こうもつまらない理屈にこだわっていては、霊的感性は埋もれるばかり。

現代は普通に生きると、どうしてもそういった方向に流されやすいのかな。

恐らく理屈の人は、仮に神的達人が秘密の呪文を授けて下さったとしても、それを無心に唱えるのでは無く、やれ文法がどうの意味がこうのと喧々諤々とするのでしょう。

霊的修行法を行い、魂の罪・ケガレを清め、霊的身体の力を増すなら、表面の意識が理解して居ようと居まいと、自然に高貴な力や存在に惹かれて行く。

やはりたくさんの知識を蓄えた現代人より、霊的感性を磨いた古代人の方がはるかに偉いと思う。


スポンサーサイト

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。