プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余生

[ランニング] ブログ村キーワード

宵の醒めやらぬ朝、ライトを点けて運転していると、いきなり、二車線の道路の真ん中を老人がランニングをしていて、ハッとしてしまいました。

いくら朝、車が少ないとは言え、道のど真ん中とは・・・。

長年運転していて、こういったヒヤリハットも初めての経験でした。

しかし最近は健康ブームで、近所のかなり高齢の方が良くランニングをされているのを見掛けるのですが、却って大丈夫かなとハラハラとしてしまいます。

肉体は年と共に衰えます。

統計的には若いうちは全く気にしない人も、年を重ねる程、健康法に気遣い、平穏な余生を願うようです。

それとは反比例して、肉体のトレーニングはやがて若い時のようにはこなせなく成ります。

しかしながら、霊的トレーニングは異なります。

年を経る毎に力を増しますし、死ぬまで継続出来ます。

例え、死を目前に病の床に臥しても、それまで充分に霊的トレーニングを積んでいれば、一声発するだけでいつでも守護霊・指導霊は傍にやって来ます。

肉体を纏っている以上、その健康は大切ですが、どれだけ頑張っても、この世だけのものです。

しかし霊的な健康はあの世に持って行けます。

この世で生きていると、競争社会の中、他者からの恨みや嫉みの念を受け、幽体が傷付いたり、悪い霊魂に付き纏われたりといった事が、現代では日常茶飯事です。

それは、霊的な意味での不健康と言えます。

そして、霊的トレーニングはそういった霊的な不健康を解消し、やがて迎えるあの世での生活を幸福へと導いていきます。

誰しも、いずれ社会の大きな役割を退き、余生を迎える事と成りますが、それで終わるのでは無く、死ぬまで道を求め、その迫力を子や孫に示せるように成りたいものです。

スポンサーサイト

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。