プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋祭りで感じた事 ― 2007-11-09

各地で秋祭りの季節と成りました。
私の地域でもあちこちで笛の音や太鼓の音が聞こえてきます。

祭りは日本人の心に懐かしく響くもののように思います。
神輿や屋台を見ながら、夜店で買い物をするのは実に楽しいものです。

しかしながら、お祭りの主催が本来神社で、そういった日には外の賑やかさとは別に、神社の中で静かに神事が行なわれているのを知る人はあまり多くはないのではないでしょうか。

現代は物質中心主義で、神や霊魂といった目に見えない存在を認めなくなっていて、満たされているようでいて、誰もが何かしら心の空白を抱えているのでは無いでしょうか。

でも、宗教に頼るのは弱い人間なので、そういった自分には成りたくない。また、最近では犯罪を犯す団体も有って、事件に巻き込まれるのでは無いか。そのような理由で、敬遠される方が多いかと思います。

真面目におこなっている所まで、色メガネで見られる傾向に有るかと思います。

いずれにしても神や霊魂が居るか居ないかは、必ず二つの内一つで、良くも悪しくも人は、どちらかの道を選んで、その結果はいつか享受しなければならないのでしょう。

1/2の確率。これは、結構厳しく恐ろしいものだなとも思います。


テーマ: 日記
ジャンル: 日記

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。