プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「おくりびと」の影響か、有田焼の一つ20万円の骨壺がよく売れているそうです。

この不況の中でも、そういったものが売れるというのは、人の死の尊厳が見直されて来たという事でしょうか。

死んだら終わり、ゴミ同然といった考えを持たれる方も居るので、世の中に何らかの変化が出てきたのは確かなのでしょう。

少なくとも自分にとって大切な人が亡くなったとなると出来る限り丁重に弔いたいのは人情ですね。

霊的真実であるかどうかは別として日本の古い考え方に、死者の魂はあの世にも、墓に葬った遺骸にも存在すると見ていたようです。

墓前で死者に語りかける時、遺骸を通じてあの世で生活する魂に思いが届くとするものです。

またそれと似た事として、仏教では仏舎利を尊びます。仏舎利とはお釈迦様のお骨の事です。

お釈迦様の死後、弟子達が遺骨を切り分けてそれが今でも伝わっているとします。

私は別段仏教徒では無い事は何度も申し上げておりますが、それでもお釈迦様が一宗教を超えた真の達人で有ったことは紛れも無い事実です。

本当にそれがお釈迦様の遺骨で有ったなら、霊的には非常に高貴で地上のどんなものより価値有る宝物と言えるのでしょう。

とは言え日本人の感覚では、師の遺骨を切り分けるという事は考えられない事ですね。

あくまで大陸等から伝わって来たから尊貴なものとして扱っていると言えるのでしょう。

日本でもお釈迦様の骨を祀るとする施設は無数に有ります。

もしその中に本物のお釈迦様の骨が有って、その力を生かす事が出来る人が存在すれば、我々この世の人間の霊的進化のチャンスもより増えるのでしょう。

私個人としては、霊的価値のカケラも無いので、死後は海へ灰を流してくれと家族には言って有ります。

葬り方・葬られ方は人それぞれでしょう・・・。

<霊って何?>
reiwosaguru2


テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。