プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四つ葉のクローバー

[四つ葉のクローバー] ブログ村キーワード

公園で子供と一緒に遊んでいる時、クローバーが随分と生えているのに気付きました。

ひょっとしてと思いながら、四つ葉のクローバーを探してみると、すぐに見つける事が出来ました。

最終的に5本も見つけてしまいました。

宝くじも当たらないところで、今年の運も使い果たしたかも知れません(笑)。

子供の頃は随分と本気で探して、四つ葉のクローバー1本を見付けるのに、一日がかりだったような記憶が有ります。

たった1本でも見付ける事が出来た時の嬉しさはこの上も無いものでした。

苦労して見付けた1本。それに自分の明るい未来を託そうとするのも人情でしょう。

ただ霊的真実の一旦を学ばんとしている現在では、縁起担ぎが人生の潤いの一つとは成り得ても、人生にとって真の支えとは成り得ない事に気付かせられました。

神社やお寺に行って、お札やお守りを頂く方はたくさん居らっしゃいます。

しかしお札を売る側、買う側と真剣にその意味を考える人は少ないのでは無いでしょうか。

世の習わしとして、またはお土産のような感覚と成っているのが現実のように思われます。

お札にしてもお守りにしても、もしその本当の価値が発揮されるなら1億円払っても安いでしょう。

それ程の価値を持たせようとも、見出だそうとも残念ながら誰もしないので、縁起担ぎ・お土産程度がやはり妥当なのかも知れません。

TVの占いも本気で信じて一日を過ごす人はあまり居ないでしょう。

古代の人達は現代人より知性は劣るのかも知れない。

でも神の声を聞いて、右へ行くか左へ行くか、それに人生の全てを掛けて占った。

そういった古代人は難しい事は何も知らなくとも、人生を掛けた神々への確信によって、今や神々のすぐお傍でお仕えし、片や現代人はどんどん下層の世界に吸い込まれて行く。

この決して夢物語では無い現実。

人類にとっての四つ葉のクローバーは見つかるのでしょうか・・・?

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。