プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消防署

消防署の前を通ったら、消防士さんが熱心に訓練をされていました。

その瞬間、呼び出しの警報が鳴り、待機の命令が入りました。

やたらとお世話に成る訳にもいきませんが、こういった方々のお陰で、助かった人も多数居らっしゃる事と思います。

また、いたずらは論外ですが、つまらない事で消防署へ通報する人も有るようですね。

それでも他を助けんと、仕事とは言え、命を張った大変尊いお仕事です。

私は一介のサラリーマンですが、昨今こういった世界で、過労死や心の病いが取り沙汰されるように成ったとは言え、業務そのものが直接的に命に関わる事は少ないものです。

本当に犠牲の精神で働いていらっしゃる方はとても尊敬します。

そして霊的に言えば、犠牲の精神の固まりと言えるのが高級霊魂の方々です。

ご自身の霊力を失ってしまう程に、かなりの無理をして下の世界へ降りて来られ、いつも人類に救いの手を差し伸べんとされています。

でも現代人は、その救いの御手をはね退けているのが現実です。

私は都合の良い時だけ助けを求める自分勝手な人に手を貸す事が出来る程、立派な人間では有りません。

それでも高貴な霊的存在が、まだ地上に目を向けていらっしゃると言うなら、そのお働きの僅かでも、私の器と立場に応じて、お役に立てたらと思うものです。

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。