プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙

[政権交代] ブログ村キーワード

選挙が公示され、暫らくの間は街中に候補者の声が響く日々が続くのでしょうね。

今回の選挙は政権交代も期待され、こういった経済情勢の中、誰もが無視出来ないと言えましょう。

もちろん経済が満たされたから、それで終わりと言うものでも有りません。

心の充足、そしてその奥に有る魂の救いといった事も非常に大切です。

それにはやはり神々のご意志を地上に反映させねばならない。

そして、それにはキリストやブッダのような霊的修行の頂点を極め、神々より見た、地上のアンテナと成るべき人が居らっしゃる事が理想です。

日本の古代には、そういった霊的達人が祭政一致として国の中心に居た歴史が有ります。

その時代には神々の力が地上に降り、誰もが何らかの形でその力を受けていました。

霊的にはまさに真昼の状態だったと言えるでしょう。

しかし現代はその当時とは正反対。霊的な真夜中の状態が続いています。

雲の如く、汚れた霊的エネルギーが上空を覆い尽くし、神々よりの高貴な光は地上を全く照らしません。
これは比喩でも例えでも無く、明確な霊的事実です。

もし仮りにの話しですが、今回の立候補者の中に修行を極めた霊的達人が居らっしゃって、その方が政権を取り神々のご意志の下、国を治めると言うのなら、日本は真昼の国として復活できるでしょう。

神々がこの地上は要らないと決断される前に、一刻も早く人は目覚める必要が有ります。

今ならまだ間に合います。霊的な救いを求めて、そのチャンスが与えられるのは・・・。

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。