プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害

[災害] ブログ村キーワード

今日は防災の日という事で、少なからず災害について思い起こされた方も多いのでは無いでしょうか。

私の地域でも、最近そこそこ大きな地震が有り、ますます防災意識は高まっていると言えます。

自然の力だけはいかなる科学でも食い止める事は出来ず、科学の進んだ現代でも、被害を最小限に留める事くらいしか出来ません。

あとは神頼みと言っていい位、古代より殆ど何も変わっていないと言えるでしょう。

大災害を予測せんと古来より、数々の予言者も現われました。

もちろん中には、売名のみを狙った人も居たようですが、迫害に会いながらも、命を掛けて訴えた方も居らっしゃいました。

そして、それを無視して来たのも人類と言えます。

人には自由意志と言う神々でさえも、侵す事の出来ない権利を持っています。

年に一回、賽銭を投げるだけなのに、困難を迎えた時「神よ。何故私を救わない」と罵る・・・。

普段、全く神へ顔を振り向けて来なかった、自らの自由意志を棚に上げて。

もう既に神々は人類に愛想をつかしているのかも知れない。

一刻も早く大掃除をされたいのかも知れない。

でも、邪霊達は地上が無くなれば、地上の人間に取り付きもてあそび、その人間を通じて地上の享楽を味わう事が出来なく成る。

実は大災害や世界戦争を食い止めているのは邪霊達なのかも知れない。

どんな立派な人でもいつかは必ず死にます。

世界が存続しようが、滅亡しようが、そんな事とは無関係に魂の高貴な光と幽体のパワーさえ有れば決して、下層の霊的世界に落ちる事は無い。

大災害や戦争が起ころうと起こるまいと、それによって生き残ろうと生き残るまいと、そんな事は気にしなくても良い人類に成らなくてはいけないと思う。

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。