プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り

[お祭り] ブログ村キーワード

帰宅後、テレビを見ていたら、世界の危険な祭りについて少し特集をやってました。

一つには、その地に棲む精霊が勇敢な事が好きだという事で、それに因んで村人達が殴り合うというものでした。

殴り合って流れ出た血は大地に捧げ、お祭りの後は、殴り合った者も肩を抱き合い、互いを讃え合います。

一見野蛮ですが、そのフェアな態度には爽やかなものも感じました。

次に他の国の祭りでは、非常に高いポールにロープを巻き付けながら人が登り、その頂点からそのロープをほどきながら落ちて行くというものです。

その由来は神に命懸けの姿を見て貰い、願いを聞き届けて貰うというもののようです。

いずれも真剣でなかなか真似の出来ない純粋な信仰心の現われと言えるのでしょう。

さて霊的な視点から見た祭りとはいかがでしょう。

やはり確実に自分達の想念を高級霊魂に届けなければならないし、確実に高級霊魂に降りて頂かなければ成りません。

それには参加者の多くは、日々、霊的な修行をこなし、魂を清め、霊的身体(幽体・霊体)を強化して、高級な霊魂が視覚しうる霊的オーラを発している事が大前提と成ります。

霊的なアンテナを中心として、強く清らかなオーラの集合体が、高貴な霊的存在に向かい、心を鎮め心を一つにし、意念を飛ばす時、強力な霊的エネルギーがそれぞれの修行者に降下流入します。

日々の生活で身に付いてしまった、霊的なシミや汚れは抜け、いわゆる悪い霊魂も自然に逃げて行きます。

そして霊的な意味でのオーラは益々輝きを増し大きく成ります。

その高貴なオーラにより高級霊魂は修行者をより霊的に視覚しやすくなり、高級霊魂とより一層密着し、単なるご利益では無く、自身がこの世に生まれた本来の目的へと向かい易く成ります。

世の中には様々な考え方が有るでしょうが、霊的な意味での祭りを私はこのように捉えています。

熱かったり寒かったり怖かったり肉体をいじめる必要は全く有りません。

より多くの方が、静かでそれで居て、高貴な霊的存在への熱い想いを持った霊的な神事を体験出来る日が来る事を願います。

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

当方のブログにコメントいただきありがとうございます

こちらのブログにはじめてコメントさせていただきます。契山館会員の石枩(いしまつ)と申します。

当方のブログでもコメントの返答をさせていただきました。リンクの件、よろしくお願いします。

ところで、私の誤解かもしれませんが、「お祭り」の祭の字と通じている字に「齋(いつき)」という言葉があるようで、「齋(いつき)」の意味を知って感慨深く感じ入ったことがありました。
霊的な意味での祭りを大事に受け止めたく思います。

なお遅れましたが、ついったーのフォローもありがとうございました。
実は自分もよくわかっていないのでした。(^^ゞ

石枩さん、こんばんは。

こちらこそ、ご訪問誠に有難うございます。

現状ではインターネットが、多くの方の霊魂学・神伝の法への架け橋の
大きな手段として可能性を秘めているのでは無いかと思っています。

お互いそういったお役に僅かでも立てたら良いですね。

「齋(いつき)」という言葉は綺麗な言葉です。

本来お祭りは「神を齋き祀る」というのが本義だと思います。

しかしながら、いつの間にか多くの聖職者も氏子もそれを忘れ、
ただのどんちゃん騒ぎに成ったのが殆どと言っても過言では無いでしょう。

「齋(いつき)」、神の前に出るに相応しい自分を目指すと言う事が、
何処かへ行ってしまいました。

外部の方からすると、我田引水かも知れませんが、
契山館の修行者は仕事や家庭を抱えながらも、
本当に神の前に出る為の修行を良く為さっていますよね。

自分などまだまだです・・・。

こちらもTwitterのフォロー誠に有難うございました。

流行っているようですが、まだ全然分かりません。

石枩さんのブログを通して勉強させて頂きますね。(^^)
非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。