プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通安全

[運転] ブログ村キーワード

バスの教習車というものを初めて見ました。

大きく広い車内に運転をする生徒さんと、教官らしき人、二人だけが乗っていました。

公道を走っていたので、一般で言う、仮免許の路上教習といったところでしょうか。

私は運転はあまり上手い方では無いので、あんな大きな車を運転したら、きっと他の車や街を破壊してしまうでしょう。

今持っている免許を取るのにも私の下手さ加減から、教官に教習所全部に響く位、大きな声で怒鳴られたものです。

それが、今や何も考えず運転が出来るように成ったのですから不思議です。

何事も訓練といったところでしょうか。

初心の頃は何かと注意をし、気を配って却って大きな事故には繋がりにくいものです。

慣れて来ると、何も考えていないので、小さな事が疎かに成り、大事故に繋がる事も有ります。

自分をベテランドライバーと思った時が、実は一番危ないのかも知れません。

霊的世界も同じような事が言えるでしょう。

交通法規ならぬ、あの世の法則を何も知らず、信号無視やスピード違反ばかりしていては、いつかは霊的な大事故に繋がります。

正しい技術と知識を身に付けてこそ、初めて修行(安全運転)は成り立ちます。

無免許運転・我流は怖いもの。

また例え免許を持っていても油断せず、常に基本に立ち帰る必要が有ります。

道は遠くても、手順さえ守ってゆっくり進んでいれば、いつかは目的地に辿り着く事が出来るのだと思います。

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。