プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊体

[霊魂] ブログ村キーワード

人の霊的身体は幽体を基本とし、生まれた時から肉体の奥に仕舞い込み、それは本能的・感情的でまさに生きようとする力そのものと言えます。

やがて肉体が成長し、思春期を迎えるように成ると、急激な肉体の成長に伴い、それまであまり深く考える事も無かった、恋愛、学校、社会とあらゆる事に疑問を持ち始めるように成っていきます。

その頃、それに呼応するかのように霊体と言う高貴な霊的身体が芽生え始めます。

幽体は肉体とだぶっていますが、霊体はあまりに高度で、物質の次元と掛け離れている為、肉体には一切縛られて居ません。

その為、物理的な次元で何処に存在して居るか示す事の出来ない神秘な存在です。

幽体が感情的・衝動的であるのに対し、霊体は理性的・直感的です。

今までは肉体と幽体の複合された意識を持ち、人生を判断していましたが、更に霊体の意識が加わり、それらを総合した魂としての人生が新たに始まります。

霊体は本来、霊的な事・宗教的な事・人生の意味といった事に目を向けやすいのですが、現代では目に見えない世界を否定し、目先の幸福を追求する風潮で、残念ながら霊体の意識は無視されるのが普通に成っています。

成人し、日々の仕事や生活に追われるように成ると、純粋な心も忘れ去り、霊的な感性はいつしか失われてしまうようです。

せっかく芽生えた霊体も、その後、成長する事無く赤ん坊のまま終わってしまうと言えるでしょう。

幸いにも、そうした感性を失わず、霊的に高貴な思想や技法に巡り会う事が有れば、霊体は大きな霊的成長のチャンスを持つ事が出来るように成ります。

その後、真剣に霊的なトレーニングを積み重ねれば、自身の霊体が成長する事で、上級霊界(霊質界)で霊体を表面の身体として活動する、高級霊魂と交流する事も不可能では有りません。

そして成長した霊体は、幽体にも好影響を与え、幽体の更なる成長にも繋がります。

幽体・霊体双方のオーラが大きく成り、自身の守護霊・指導霊と密着し、更には上級霊界の霊魂のインスピレーションと自身の霊体の直感をも受け、霊的に見てより正しい人生を歩み易く成ります。

つまり自身の生まれた真の目的・使命に向かい易く成ると言えます。

この世で幽体・霊体双方を成長させた魂は、あの世でも、飛躍的な成長をする事が出来ます。

しかしいくら、この世の成功を勝ち取ろうとも霊的身体が赤ん坊では、赤ん坊に相応しい世界にしか入る事が出来ません。

やがて幽質界の上方へと昇り、霊体の成長が完成の域に達して来ると、幽体を脱ぎ捨て、幽質界の壁を乗り越え、上級霊界(霊質界)に参入する事も不可能では無くなるようです。

もしそれが達成されるなら、もう二度と自身の幽体の一部がこの世に生まれる事は無くなります。

そして、真の意味で神々のお側にお仕えし、神々の為、活動する霊魂に成ると言えるでしょう。

それは人の霊魂としての最高の幸せで有ると言えます。

しかしそう成るには、象が針の穴を通るより更に難しい事です。

それでも人は霊的トレーニングを重ねる事で、神々、高級霊魂の下に連なり、遥か遠くとも、魂の歴史の上でいつかはその目標に到達出来るよう、一歩一歩目指して行くべきで有ると思います。

<水波一郎師の著書>

wakariyasui reikongaku

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。