プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーラ2

[霊魂] ブログ村キーワード

オーラというと世間一般では、その人の人生の活躍に於ける迫力などに例えられる事が多いように思います。

または、手を見つめているとモヤモヤしたものが、見えるように感じられ、それをオーラと言う方も居らっしゃいます。

しかしながら、霊的なオーラとは幽体オーラ、霊体オーラと言った霊的身体より発する幽質、霊質の光を指します。

特に幽体は誰もが、あの世で使用する身体で、その霊的状態がオーラに反映される為、非常に重要です。

幽体各部の霊的中枢をインドの思想の言葉を借りて言えば、チャクラと言います。

チャクラ(身体の特定の部位)に意識を集中する事で、神秘体験を求める方も居らっしゃいます。

または、身体の中で自分の意識をグルグルと回し、同様の体験を求める方も居らっしゃいます。

それは、幽体とそのオーラ全体のバランスを崩したり、不調を招いたりします。

自分の意識の力で、幽体に刺激を与えるのでは無く、自然に高貴な霊魂よりの力が幽体に流れ、全体として霊的なバランスの取れた成長を目指す必要が有ります。

幽体が不健全で、質が低ければ、幽体オーラは小さく、その輝きは暗いものと成ります。

そして、自身のオーラの大きさ・バランス・輝きと言った、霊的レベルに応じて、幽体を表面の身体とする、どういった質の霊魂と関わるかが決まってきます。

大きく、美しいオーラを持つ人は、そのような輝きを持つ守護霊・指導霊と言った高貴な霊魂が寄って来やすく成ります。

小さく、暗いオーラを持つ人には、霊的に未発達な霊魂が寄って来やすく成ると言えます。

しかし常に明るく笑っていれば、立派なオーラに成る訳ではなく、いかに霊的に生き、高級な幽気を吸収して来たかが大切です。

また高い幽気を吸収するには、神そして高貴な霊魂を求めずしては不可能です。

ましてや、霊体オーラとも成ると、普通に生きているだけでは、殆ど発生さえもしません。

やはり、特別な霊的トレーニングにより、霊質の気を吸収し、霊体を成長させない限り、霊体オーラは伸びていきません。

もし、霊体オーラが成長して来ると、霊体を表面の身体とする上級霊界の霊魂と、段階に応じた交流を徐々に深めて行く事が出来るように成っていきます。

そこまで来ると、今までの人生では登場して来なかった、霊体の個我の意識と上級霊界の霊魂の導きで、より高い霊的見地に立った、新たな人生を進み始めると言えるでしょう。

更に、最上級の神体を有する方に成ると、神体オーラを発するそうです。

しかしそれは特別な霊的トレーニングの頂点を極めた、ブッダやキリストのような歴史的達人のみが発するオーラです。

よって我々のような至らぬ凡人には無関係と言えます。

それは自身の日々の思い・言動・行動を省みれば明らかです。

それでも自身の守護霊・指導霊が、神体の所持者を見付け出し、巡り会わせてくれる事が有るかも知れません。

しかしながら、人はそうした守護霊・指導霊の導きに気付かない事が殆どと言って過言では有りません。

人はそのような霊的チャンスを見過ごさないよう、常に霊的な感性を研ぎ澄ましておきたいものです。

<水波一郎師の著書>

wakariyasui reikongaku

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。