プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕

昨日は七夕の日でしたね。本来なら子供と一緒にお祝いをしたかったですが、帰りが遅く成って、無理でした。

いずれにしても、こちらでは、ひどい悪天で織姫と彦星が出会うのは叶わなかったようです。

男女が一年に一度しか会えないのに、それさえも許されないのは辛いものですよね。

雨が降るのは、織姫と彦星の涙といった説も有るようです。

織姫は悲しみを忘れる為、次の七夕まで、神の経綸としての、機をひたすら織るのでしょうか。

それとも、更なる二人の涙が降り注ぐのでしょうか。


テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

コメント

コメントありがとうございます。
七夕は、また1年後になってしまいました。
宇宙でのことは、何も地球時間で見なくても良いわけで、1年に1回のデートは地球に住む人間の心の古里的お話なんでしょうね。
詳しくはわからないのですが、全宇宙の質量が理論と比べまったく足りないのだそうです。
目に見えない世界は物理的に実在するのかもしれません??

ご訪問有難うございます

こちらこそ、わざわざご訪問、誠に有難うございした。
この無限と言ってもいいほどに巨大な宇宙から見れば、人間はミクロの大きさも無い程に小さな存在ですよね。
いつもセカセカと時間に追われ、生きているのが、人間の悲しいサガですね。
宇宙の悠久の流れに乗って生きていきたいものです。
でも、宇宙はそういった人間の悲しみも、矛盾も包み込んでいってくれるのでしょうか。
あと、私も質量の話に関連付いて、ある話しを聞いた事が有ります。
人が亡くなる直前・直後の体の重さの研究をした科学者が居るそうです。
人が亡くなった直後は、必ず、僅かでは有りますが、その重さが軽く成るそうです。
これは肉体から魂が抜けた証拠なのでしょうか??
非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。