プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建国記念の日

今日は、建国記念の日と言う事で祝日でした。

日本書紀には、奈良県の橿原の地で、この日に初代天皇が即位したとされます。

当時、幾つもの小国家で形成されていた日本で、大きな勢力が制圧され、中央集権国家としての礎が築かれた日と言えるのでしょう。

神話では、天皇は天照大神の子孫とされ、戦前は現人神(あらびとがみ)とされていました。

しかしながら敗戦でアメリカの圧力により、憲法では天皇は日本の象徴であるとし、現人神と言う考えは危険な思想として退けられました。

多くの国で、為政者とは別の立場で、国王が存在するように、現在の日本も天皇が直接的に政治に関わる事は無くなりました。

天皇家は約二千年続いて来た家系ですが、その皇位継承の印として、三種の神器(剣・鏡・玉)が代々引き継がれています。

その長い歴史で、皇位継承の印を巡り、幾多の攻防も繰り返されたようです。

考古学では、各地の遺蹟で三種の神器では有りませんが、剣・鏡・玉が発見され、古代の神事に於いて、それらが大変重要な役割を果たしていたと思われます。

そして、霊魂学では目に見えない世界に有るとされる三種の神器をとても重視しています。

しかしその秘密は、霊的修行の頂点を極めた神的達人にしか解く事が出来ないようです。

多くの人が幽体、霊体から高貴なオーラを輝かせるなら、その秘密は神的達人により明かされ、天を照らす真の神霊の御光は、地上にも持たらされるかも知れないと想像するばかりです。

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。