プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマルキングダム

[動物園] ブログ村キーワード

先日、家族で新しくリニューアルされた伊豆アニマルキングダム(旧伊豆バイオパーク)へ行って来ました。

リニューアルに伴い、キングダムの名に相応しく、とても工夫を凝らした動物園に生まれ変わったようです。

多分、生態観察で有名な旭山動物園の影響も大きいのかも知れません。

動物が檻に入れられて飼われているので無く、サファリパークのような広い敷地に動物が放し飼いに成っていて、そこへ人間の歩けるルートを作って、車の代わりに徒歩でパーク内を廻れるように成って居ます。

生き生きとした、動物の生態を見る事ができ、また人の流れもかなり意識した作りのようで、かなりの混雑状態でも、動物を見る順番待ちで困る事が有りません。

出来る限り野生の生態に近付けた、動物園施設と言えます。

見る人間も、見られる動物もストレスが、かなり小さいと言えるでしょう。

野生の動物の場合、彼等の生活に善も無く悪も無く、本能に従って、生きる為に生きて居て、通常は霊的法則に従って、上層の幽界に入って行くようです。

しかしながら、いかに野生の生活に近付けたとしても、人と大きく関わる動物は、色濃く人間の霊的影響を受けます。

不特定多数の人が来園し、動物に向かって様々な念を放つでしょうし、なかには未発達な霊魂を引き連れて来る人も居るかも知れません。

でも、動物達は自分の意志で高貴な神的・霊的存在に祈る事も出来ないし、低い霊的影響を自ら清める事も出来ません。

ただただ人間からの霊的影響を黙って受けるだけと言えます。

旧約聖書では神が人間に「地を這うもの全てを支配させよう」と宣ったと有ります。

この世の全ての権限を与えられて居ると言えるのでしょうが、その権限を振り回すばかりで、他の生命体からするとただの暴君にしか映らないのでは無いでしょうか。

権限を与えられて居るのなら、それだけの責任が有って、その責任を果たさないといけないと思います。

地上の人間の霊的成長にこそ、霊的宇宙全体の運命が掛かっていると言っても、過言では無いのではないでしょうか。

シマウマ


テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。