プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の流れ

[シャボン玉] ブログ村キーワード

先日、子供とシャボン玉で遊んでいると、何処からともなく「ブーンッ」と凄い音を立て、何やら虫が飛んできました。

蜂だったら子供を守らないといけないと、思わず警戒しました。

その虫は私達の近くに生えていた、小さな白い花の上に「ボテッ」と落ちたのです。

良く見ると何とその虫はピカピカのカナブンでした。

早速、捕まえてみて子供に見せてやりました。

子供は生まれて初めてのピカピカの虫に、驚きと喜びの複雑な心境だったようです。

離してやると、カナブンはまた「ブーンッ」と元気良く飛んでいきました。

6月のこんな時期にカナブンは居たかなあと、私の錆ついた記憶では過去の事が思い出せません。

用水路にはチョロチョロと水が流れ、田んぼでは田植えが終わりました。もう夏なのかなあと、季節の移り変わりと時間の流れを感じます。

年を取るごとに、その感覚は早まって来ているような気がします。

このまま、どんどん加速していくのだろうか。

時間というものは、主観的な感覚かも知れません。

もちろん現代は科学の進歩によって、時間を非常に正確に計れるように成りました。

それは人類の文明の発展に大きく貢献しています。

時間を無視して、人類は生きる事が出来なく成ってしまいました。

多くの人が「時は金なり」と秒単位で日々を追われます。

それだけに却って、スローライフを夢見る人も増えているのでしょう。

しかしながら、この世の時間の流れとあの世の時間の流れは随分と違うようです。

神的・霊的存在が地上を眺めると、人類の長い歴史もほんの一瞬のように捉えられるようです。

高貴な存在から見れば、それだけ人間は虫よりもちっぽけなちっぽけな存在です。

吹けば飛んでしまうと言えるでしょう。

「神は居ない」「あの世は無い」と好き勝手に生きる人間。

それでも尚、高貴な存在は地上に目を向けて居らっしゃるようです。

そのあまりに深い愛に、人類はただ目をつむっているだけと言えます。

人類の歴史を一瞬と感じる存在からすれば、放蕩息子ばかりの人類をリセットして一からやり直す事は難しい事では無いでしょう。

いつまで、人類は我儘ばかり言っているのでしょうか。

時間の流れは、タイムマシンでも発明されない限り、決して戻って来る事は有りません。

時間が無くならない内に・・・。

テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。