プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日

[父の日] ブログ村キーワード

父の日のアンケートで、「映画の中で最もホットなパパ」として、3位にルーク・スカイウォーカーの父、アナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーが選ばれたそうです。

ダース・ベイダーと言えば、元々ジェダイの騎士で、最強の力を持ちながらも、暗黒面に落ちてしまい、その力を間違った方向で行使した存在と言えます。

力そのものは善でも無く悪でも無く、その使い方によって顔を変えてしまうと言えるでしょう。

殺人兵器にも成れば、日々の生活にも役立ってくれます。

やはり力は正しい方向に、使わなければならないと言えます。

力には物理的な力が有るように、霊的な力も存在します。

霊的な力は、他者に何らかの霊的影響を与える事も出来ます。

霊的な力を行使する技術を「霊術」と言います。

正しい使い方としては、祓いにより未発達霊魂や低い幽気を祓ったり、間気や幽気の正常化、他者の念によって受けた幽体の損傷の修復といったものが有ります。

しかし世の中にはそうした人を生かす技とは、正反対の技を使う人も居ます。

後者の技には邪悪な霊魂が加担していて、そうした技には決して手を染めては成らないと言えます。

当然、高貴な霊魂が味方に成る事は有りません。

それは悪魔に魂を売る事で他を不幸にし、長い魂の歴史では、結局自分自身に帰り、自分自身も不幸に成ります。

力は正しく使うべきと言えます。

霊的な力の源を辿りに辿ると、所謂、西洋で言えば「父なる神」、東洋で言えば「伊邪那岐大神」と言った存在に行き着くと言えるかと思います。

この世のお父さんは普段は馬車馬のようにあくせく働いて、なかなか報われない事も多いものですが、それでも年に一回は「父の日」といったささやかな日が設けられています。

でも天に居らっしゃる高貴な父なる存在は、現代では、神やあの世を否定する人が多く、全く忘れ去られているといって過言では無いと思います。

多くの人が天の高貴なる父を、思い出して欲しいものだと願います。

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。