プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊的トレーニング

[トレーニング] ブログ村キーワード

霊的トレーニング(霊的修行法)とは、いつも申し上げておりますがあくまで「霊的」なものであって決して苦行では有りません。

巷間でイメージするような、肉体的な苦痛や激しさは伴いません。

また霊的トレーニングは高貴な霊魂から、高級な霊的エネルギーを頂いてこそ初めて成り立ちます。

その為に、いくら自分の努力をしても、そこに高貴な霊魂の力が働かなければ、その努力は意味が無いものと成ってしまいます。

そこが地上的なトレーニングとは異なります。

地上のトレーニングは、ランニングや腹筋なら、誰でも自分の努力でやればやっただけ相応の成果が得られるものです。

でも霊的トレーニングは、他の霊的個性が関わる必要が有ります。

高貴な霊魂に嫌われたり、そのご意志に反した心構えだと、高級な霊的エネルギーは降りて来ません。

例えば霊的トレーニングを教わると言う時、その指導をされる方に対して、あまりな暴言を吐いていたり、逆らってばかりいては、指導者の背後で働く高貴な霊魂方はそっぽを向いてしまいます。

また他者との協調も大切です。

もちろん完全な人間は居ませんし、無意識の内に他の人を不快な思いにさせたり、迷惑を掛けたりと言う事は誰でも有るものですが、少なくとも意図的に他者の足を引っ張らない、という姿勢は必要だと言えます。

また霊的トレーニングを行なって、霊的カルマを解消したいとか、魂の成長を目指したいといった目的では無く、単に特別な能力を身に付けて人より目立ちたい、人を陥れたいと言った目的では、高貴な霊魂は決して味方してくれません。

そういった事から、霊的トレーニングは形だけ行っていても意味が有りませんし、苦行では有りませんが、別な意味での難しさは有ると言えます。

また人によっては、いたずらに上位の法へ進む事ばかり願う方も居ます。

でも先ほども述べましたように、霊的トレーニングは高貴な霊魂との交流法です。

もちろん上の法に進む事も大切ですが、それ以前に霊的トレーニングを行う上での前提条件として、高貴な霊魂と交流するにはどうすれば良いのかを、真剣に考える必要が有るのだと言えます。

もし霊的トレーニングの世界での黒帯のようなレベルに達したとしても、黒帯に相応しい実力が全く無いといった事が無いよう気を付けたいものです。

<霊って何?>

霊って何?

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

こんにちは、あしです。

いつも思いますが、まったく仰るとおりですね。
先日、書店で表紙だけ見た元巨人軍(なんでここだけ軍なんでしょうか?)の桑田氏の著作の
帯に「がむしゃらな努力は無駄だ」みたいなことが書いてありました。
桑田氏のいうように地上のトレーニングにも無駄な努力というものがあるのなら、非地上的なト
レーニングでも同様のことがいえるのかもしれませんね。
もっとも私達には関係のないことではありますが。

黒帯に相応しい実力・・・今の私は白なのか茶なのか、自分ではベージュくらいかと思ってます
が、帯の色に関係なく気をつけないといけないところですね。気持ちは茶のつもりでも、実力が
白ではトホホ以外の何物でもないですよね。
今回も勉強になりました。

おはようございます

おはようございます。Walkです。

コメント誠に有難うございました。

>いつも思いますが、まったく仰るとおりですね。
>先日、書店で表紙だけ見た元巨人軍(なんでここだけ軍なんでしょうか?)の桑田氏の著作の
>帯に「がむしゃらな努力は無駄だ」みたいなことが書いてありました。

霊的トレーニングは必ず、高貴な霊的個性が関与して頂いて、
初めて成り立つシステムですよね。

それを忘れての努力は空しい結果に成ってしまうと思います。

>黒帯に相応しい実力・・・

偕越ながら、学生時代に部活動としてある武道を行っておりました。

ある学年に成ると、試験さえ受ければ自動的に黒帯を取る事が出来ました。

でも当時、黒帯を貰った時、どう考えても自分にその実力が有るとは思えませんでした。

その時の二の舞を踏まないようにと思っています。
非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。