プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類の未来

[予言] ブログ村キーワード

ひと昔前にノストラダムスと言う方の予言が話題に成りました。

世の中では1999年に世界が滅びるのでは無いかと騒がれたりしたものです。

でもご存知のように世界は滅亡する事無く、今もこうして存続しています。

予言というものは、様々な解釈が出来るようで、予言は外れたとか、当たっていたとか一部で論説が為されてもいます。

あれから時が経ち、ある神秘思想家の方々の間では、新しい予言が持てはやされるように成っているようです。

現在の世の中の自然や経済等の大きな流れは、ある方面では世界の滅亡、
ある方面では世界の昇華への前兆として捉えられています。

ただ私個人として感じる事は、滅亡で有っても、昇華で有っても、それを前提として、多くの人がどれだけ行動したり準備をしているかという事です。

単なる心配、または期待だけしても、そこに何ら行動が伴わなければ、世の中は単純に流れるだけで、変化はしていきません。

滅亡か。昇華か。どちらも外れるのか。私には未来は分かりません。

ただ言えるのは、人類一人一人の霊的カルマが有って、それらが集まり人類全体としての大きな霊的流れが存在するのは事実です。

そしてその流れは、あまり明るいものとは言えないのも事実です。

だからと言って、人類がいつどうなると日時を明言出来るものでは有りません。

それは人類が努力・行動する事によって未来は変化し得るからです。

もし予言者が真剣に人類の未来を考え残した言葉なら、世の中を騒がせる事を目的としているのでは無く、予言を元に人類が何らかの行動を起こす事を本意としているのでは無いでしょうか。

悲観の滅亡説、楽観の昇華説。いずれにしても待っているだけでは駄目だと思うのです。

ひょっとすると、良くも悪しくも何も起こらないかも知れない。

このまま人類は物質文明に恵まれ、この世の欲望と享楽のみを求め、霊的な向上を求める事無く、末永く存続していくのかも知れません。

でもそれは本来、霊的な生命体としての人間にとって、本当の意味での幸せと言えるでしょうか?

霊的な向上を求めない多くの人が、下層幽界へ吸い込まれていくかも知れない。

それを考えるとノストラダムスの予言で言う「天から恐怖の大王」が降って来なかったのは、人類の霊的な未来を暗くしたのでは無いかと思えてしまいます。

「恐怖の大王」とは人類のこの世の善悪の基準・判断を超えて居るからこそ「恐怖」に見えてしまうので有って、実は真の神的存在による救いを表すのだったとしたら、単純に予言が外れたと喜んでも居られません。

予言の的中か否かで一喜一憂するので無く、予言が真に何を目的としているのかを考えて、その上で一人一人の今出来る事を為していく・・・。

その積み重ねが有って初めて、人類の未来は本当の意味で変わっていけるのだと思います。

<霊って何?>

霊って何?

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。