プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由意志

[社会] ブログ村キーワード

9月11日。アメリカで同時多発テロの起こった日です。

その日にアメリカのある宗教者が、他のある宗教の聖典を燃やそうと唱えたそうです。

アメリカと言えば、自由主義の国。自由な発言、行動が許される気風が有ると言えるでしょう。

しかしながら、真の自由とは他者の自由をも認めてこそ成り立つものです。

「私は自由だから」と犯罪を犯したり、社会ルールを無視した行動をして良い訳では有りません。

自己を主張するにしても、あくまで他者の人格・思想は尊重するべきと言えます。

それを踏まえた上なら、正々堂々とした議論・発言は大いに為されるべきでしょう。

今回の件は、世界の秩序を壊しかねない可能性も有り、何らかの指導的立場の人なら、もっと世界全体を見据えた発言・行動を取って欲しいものだと思います。

仮にどれだけ人類の将来への憂いや思いが有って警鐘やメッセージを発するにしても、実力行使で他者の自由を踏みにじる権利は誰にも有りません。

どれだけの正義を主張しても、憎しみは憎しみしか生み出しません。

確かに人は神々でも侵せない、自由意志と言う権限を持たされています。

いかなる救世主が現れても、神的、霊的に高貴な方ほど人の自由意志を尊重されます。

受け入れる気持ちの無い人まで勝手に拾い上げて、地上を楽園楽土にして下さる事は有りません。

人の自由な意志による選択は決して無視出来ないものです。

嫌がる馬に無理矢理、水を飲ませる事が出来ないのと同様と言えます。

右へ進もうと左へ進もうと任せる以外に他は有りません。

でも人は自由な意志を持たされているからこそ、大きなチャンスも持ち合わせていると言えます。

自由意志と言う権限は、霊的進歩、魂の向上にこそ向けて行きたいものです。

<初秋の一コマ>

花と蝶

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。