プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教

宗教というと人間の力では及ばない特別な力を持った存在を信じ、その守護と助力を願うといった姿が一般的だと思います。

姿・形は違えど有史以来、宗教は多くの人にとって心や魂の支えに成って来たと言えます。

しかしながら近年日本では、ごくごく一部の宗教団体の犯罪行為や霊感商法、奇異な活動によって宗教というと多くの方が強い警戒心を抱くように成ってしまいました。

しかしながら本来、宗教は神とか仏とかゴッドといった高貴な存在を求めます。

それだけに大多数の宗教は高貴な存在の意を体して、社会に迷惑が掛かる事は最も忌むべきものとして、真面目にコツコツと活動しているのが普通だと言えます。

宗教は世界の各地に多種多様な形態を形作っています。

そして世界的に見ると唯物論の国を除いては、「あなたの宗教は何ですか?」と問われれば、答えられる人が殆どだと思います。

しかし日本人はと言うと即答出来る方は少ないのでは無いでしょうか?

それは良くも悪しくも、日本人の宗教や文化に対する寛容性や柔軟性の現れで有ったり、また逆に外国の方からすると、何故いろいろな宗教の信仰対象に頭を下げ祈るのかと疑問を持たれる事にも成るのでしょう。

でもそれだけに一昔前の日本では、まだ真面目な宗教に対しては、それを受け入れる風土が多々有ったように思います。

先にも申し上げました、ごく一部の団体の犯罪行為等で宗教に属している事は、悪い事であるような気風が醸成され、宗教団体には一切施設は貸さないと謳っているところも有ります。

宗教者というと、クモの子を散らしたように去って行き、腫れ物を触るような、特別な存在と見られる事が多く成りました。

もちろんそれぞれの宗教が法を遵守し社会に認められるような、行動や言動を当たり前の事として行なっていれば良いわけですが、そのようにしても昔より社会の警戒感が強いのは事実です。

日本は唯物論の国では無く、信教の自由が認められている筈ですが、何故か、宗教者は身を隠すような生活を余儀無くさせられるように成ったのが、現実のように思います。

もちろん、宗教はそれを信じるがあまり、他の宗教・宗派を攻撃し、甚だしくは宗教戦争にまで発展し、そうした姿を見ている周りの人の心が離れていく気持ちは理解出来ないでも有りません。

でもそれは、あくまで地上の人間の側の問題で有って、神・仏・ゴッドといった高貴な存在に何一つ責任は有りません。

真理や法則はいつも一つで有り、幾つも有る訳では無いのです。

地球は太陽の周りを周っています。事実は変わりません。

それは人間の想像や期待の産物では無く、それらを超えていつも孤高に輝いています。

多くの方に霊的真実(霊的法則)を知って頂きたいと思うものです。

<霊って何?>

霊って何?

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。