プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育の日

[運動会] ブログ村キーワード

今日は体育の日。運動会であるとかスポーツに励む方は多かったのでは無いでしょうか。

私も子供の運動会では親子競技に参加したり、ビデオ撮影をしたりで、なかなかバタバタとしてしまいました。

でも子供が初めての運動会でしたし、アセロラダンスやマルマルモリモリを踊る、子供の姿にこんなに成長するもんだなと感慨深いものが有りました。

天候もちょうど良くて、身体を動かすには最高の日でしたし大きな思い出と成りました。

体育の日とは文字通り、身体の健康を見直して、身体を鍛えて行こうという日だと思います。そしてそれはあくまで肉体としての身体を意識したものだと言えます。

いつも申し上げますが、人は本来霊的生命体であり、あの世の生活で使用する、幽的な身体「幽体」を肉体の背後にダブって所持して居ます。

これは人が死後、幽界で高低様々な世界へと入って行く為に、必ず必要な身体だと言えます。

人は死後必ず幽界へ入って行くし、幽界での生活で幽体を所持しない人は一人も居ません。

「幽体」と言う身体は、TV等では軽々しく幽体離脱として語られたりしますが、幽体離脱は霊的には絶対にやってはいけない行為だと言えます。

幽体が完全に離脱してしまう事を「死」と言います。

幽体離脱の訓練等行なって、もし肉体と幽体の接点が完全に切れてしまえば、間違い無くあの世行きです。

もし仮に運良く、肉体に戻る事が出来たとしても、その後は肉体から幽体が外れ易い体質と成ってしまいます。

肉体から幽体の一部がはみ出しずれてしまうと、その間隙を狙って、低級な霊魂が肉体に入り込もうと狙われ易く成ってしまいます。

そう成ってしまえば、その後の人生は精神的な異常を来たしてしまって、社会生活は出来なく成ってしまうと言えるでしょう。

そして、医学では霊魂は認めませんから、いくら病院へ通っても、完治する事は不可能と成ってしまいます。

どれだけ薬を飲んでも、霊的な障害は解消されないからです。

しかしそうした現象は必ずしも、幽体離脱の訓練のみで発生する訳では有りません。

全く普通の人でも、例えば他者からの攻撃的な念を幽体に受け幽体が損傷すれば、肉体と幽体を接着剤の如しに結び付けている、間気(かんき)が漏れ、肉体と幽体の密着度が弱く成り、幽体が肉体からずれ易く成ります。

また幽体が損傷すれば、幽体から発する霊的な光(幽体オーラ)が正常に出にくく成ります。

幽体の損傷の状況によりますが、例えば下半身からはオーラは出るが、上半身からは全くオーラが出ないといった事も有ります。

場合によっては幽体の全身が傷だらけで、全身から幽体オーラが全く出て居ない人も有るようです。

霊的な存在である高級な霊魂は人の肉体では無く、人の霊的な部分を常に見て居ます。

それは人の幽体であり、幽体から発する霊的な光(幽体オーラ)であり、または幽的な気だと言えます。

人は肉体が有る為に、自分に対しても、他人に対しても幽体を確認する事が出来ません。

でもそれは明らかに実在の幽的な実質なのです。

そしていつも低い幽気、低い霊魂、攻撃的な念の矢面に立って、幽体は傷付き、弱り、不健康な状態と成っています。

肉体の健康に気遣う人はたくさん居ます。

健康食品を摂ったり、運動をしたり・・・。

しかし幽体の健康を気遣う人は誰も居ません。

幽界は上に行く程、霊的なエネルギーは強く、下に行く程、霊的なエネルギーは弱く成ります。

幽体が不健康で霊的な生命力が弱ければ、上方の幽界の強い霊的エネルギーに耐える事が出来ません。

もし無理矢理、霊的に不健康な状態の幽体が上層の世界に入れば、そのエネルギーの強さで、幽体は砕け散ってしまうかも知れません。

だからこそ霊的な法則として、不健康な弱い幽体はエネルギーの弱い、幽界にしか入れません。

上層の世界へ行くには、幽体が強く霊的に健康で無くてはなりません。

その為には先ず、神そして高級な霊魂を求める事。

そうすれば求める気持ちや霊的な器に応じて、高級な霊的エネルギーが降り、幽体が、幽体の栄養とも言える高級な霊的エネルギーを吸収する事が出来ます。

幽体は序々に霊的な意味での健康を取り戻して行きます。

そうすれば、少なくとも下層の幽界へ落ちる心配は減って行くと言えるでしょう。

しかし更に下層の世界へ落ちる心配を減らし、より高貴な世界へ入りたいと思うなら、更に高度な霊的技術が必要と成って来ます。

その技術を「霊的トレーニング」と言います。

達人が高貴な霊的存在と約束事を交わした、特別な言葉や特別な作法で成り立っています。

私は我田引水と成ってしまいますが、霊的トレーニングとして「神伝禊法」そして「神伝鎮魂法」を行なっています。

名前の上では、「禊」や「鎮魂」は他にも存在します。しかしその内容は全く異なって居ます。

精神主義や、根性主義では無く、あくまで人の霊的な進歩。成長のみを配慮されているからです。

それが霊的な意味での本当の健康法であり強化法で有ると言えます。

人は肉体が有るので体育の日も非常に大切です。

しかし人は霊的生命体であり幽体が有る以上、「幽育の日」も有っても良いと私は思うのです・・・。

<霊って何?>

霊って何?

※ 携帯用リンク

柿

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。