プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛祭り

[雛人形] ブログ村キーワード

3月3日は雛祭り。

日本では古くより罪穢れの思想が有り、それを清める為に川などで禊(みそぎ)が行なわれて居ました。

その略式として紙や土で作った人形を身代わりに、自身の罪穢れを移し川へ流す事も行なわれました。

撫物としての人形はやがて、より精巧なものと成り子供達の健康・成長を祈る、現代のような雛人形へと変わって行きました。

当然、現代の雛人形は大変高価なので、川へ流す事は有りません。

罪穢れについては様々な論説が宗教学で述べられています。学問としてははっきりとした答えが出ないようです。

しかしながら昔の日本の人達は罪穢れとは、法律上のそれでは無く、普通に生きているだけで蓄積され、それを定期的に清めた方が良いと言う事を、直感として分かっていました。

もちろんそれは世に言う、霊能力では有りません。

言ってみれば感性による感覚なので、それを言葉として上手く表現出来なかっただけと言えます。

だからこそ昔の人達は毎朝、お日様を拝し氏神様へお参りし、時には川へ入り禊(みそぎ)も行なったと言えます。

外国ではそのような習慣があまり有りませんが、日本人がお風呂に入るのもその名残りだと言えます。

現代人は非常に頭は良くなりましたが、全てを理論や言葉で証明出来なければ納得出来ず、昔の人達のような感性が失われてしまったと言えます。

霊魂学で「罪穢れ」を一言で説明すると、人に悪い影響を与える低い幽気、低い霊魂。または人が過去世より持ち越して来た「霊的カルマ」だと言えます。

それらは人が本来、霊的生命体として生きて行く上で、この世の幸せ、あの世での幸せにも大きな影響を与えます。

それは宗教や思想に関係無く、世界中のどんな人でも清めた方が良いのです。

そうした「罪穢れ」を祓い清める為に、苦行では無くまた根性主義でも無い、女性や子供、忙しい人でも出来る、現代人の為の「神伝禊法」(しんでんみそぎほう)が登場しました。

この世の視点だけで生きていると、どんなに幸せに成ったと思ってもいつか何処かで歪みが出て来ます。もちろんお金を儲けて、美味しいものを食べ、素敵な洋服を着て、立派な車や家を持つ事が悪い訳では有りません。

人は何かの目標が無いと生きていけないと言えるでしょう。

しかしながら真の幸せは、霊的な視点が有ってこそ生まれて来るのだと言えます。

「神 伝 の 法 と は」 http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/training2.htm

花と梅

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。