プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様

ある時、幼い子供が「神様は何処に居るのだろう?」と思いました。

「神様は何処に居るの?」そう親に聞いても、親は何も答えてくれません。

ある日、その子は空の雲を眺めました。

眺めていると、いつの間にか雲の形は変形し、人の形のように見えました。

思わず親に言いました。「神様が居たよ!」

もちろん本当の神様である訳が有りません・・・。

------------------

しかしながら神様を求めるのに、難しい理屈は要らないと言えるでしょう。

神様は見えない存在なのだから、理詰めで考えても、いつかは必ず行き詰まってしまいます。

子供のような純粋な想い、素朴な想い。ただ「神様!」といった気持ちの積み重ねが大切なのだと言えるでしょう。

人は大人に成るに連れ、良くも悪しくも知恵が付き、いろいろな事を難しく難しく考え、その分、純粋な気持ちを失って行きます。

現代では「科学で証明出来ないものは存在しない。」そう思う人が多く成りました。

確かに真の意味での神様は見えもしなければ、聞こえもしない。

それでもただ「神様!」。子が親を思うように自然に叫んでしまう・・・。

「ママは何処?」「パパは何処?」子がそう叫ぶ時、理屈は有りません。

ただ寂しいから。ただ親が恋しいから・・・。

人には本来、そうした気持ちが心の奥に眠っている筈です。

子供のような理屈を抜きにした気持ち。それは何時、如何なる時も大切にしたいものです。

その時、目に見えなくても、耳に聞こえなくても、神様は微笑んで下さっているかも知れません・・・。

空

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。