プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日の出

明けましておめでとうございます。

本年が皆様にとって、素晴らしい一年と成りますよう、心よりお祈り申し上げます。

さて元旦の朝、外へ出ると街の彼方此方で初日の出を待つ、人達を見掛けました。

年に一回とは言え、今でも日の出を待つ多くの人が居らっしゃるという事に、感慨深いものを感じました。

日本の古代には太陽神を中心とした神々を畏れ、それでいて深く愛し、神々を大切に祀っていました。

そして神々の前へ出るのに相応しい自分と成る為に、肉体の汚れのみならず、魂の深い部分まで清め得る「禊法」という、「霊的トレーニング」を日々実修していました。

日本の古代人は「霊的トレーニング」の実修により、高く強い霊力を持っていた為、実在の太陽の霊界との交流を為し得て居たようです。

そしてひと昔前まで毎朝、日拝を行なって一日をスタートする伝統が、日本では続いていました。

このような霊的伝統を持つ国は、他国にはあまり無いと言えるでしょう。

しかし太陽という物質を拝する信仰は、一神教の方から見れば違和感が有るかも知れません。

霊魂学の視点から簡単に解説すると、先ず「至上の神」が居らっしゃり、次に「神々」が居らっしゃいます。そして、その下に多数の高級な霊魂の方々が、地上の人間との間を繋いで居らっしゃいます。

もし日本のトップである総理大臣に直接、何かを訴えたいと言う時、通常それは困難な事です。

それでも段階を踏んで、然るべき窓口を通せば、間接的では有っても、いずれその想いや訴えは伝わる可能性は有ります。

若しくは総理大臣にまでは伝わらなくても、問題や要望の解決には繋がるかも知れません。

至上の神に祈る場合も、先ず自分自身の守護霊・指導霊が人の想いを聞き届け、それを更に上位の存在へ伝えて下さるのが、霊的な現実なのだと言えます。

太陽を拝するという時、太陽は単なる物質では無く、太陽の背後に控えて居らっしゃる、神的、霊的な存在と交流する為の、アンテナに成り得ると言えます。

故に太陽そのものが神なのでは無く、太陽を通じて力を降ろされる、あらゆる宗教、一神教、多神教をも超えた、神的、霊的な存在こそが尊いので有ると言えます。

日本の古代人は太陽や山に、そうした神的、霊的な存在と交流する為の、高貴な印を残されたと言えるでしょう。

もし現代人が太陽や山をアンテナとして生かし、あらゆる宗教を超え、孤高に輝いて居らっしゃる、至上の神、神々、高貴な霊魂方の力を引き出す事が出来たなら、日本のみならず、世界中の人達に、高貴な御力が降り注ぐ事も不可能では無いかも知れません・・・。


テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。