プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先送り

人は良くも悪くも、現実に目を瞑り、現実を逃避します。

時に、それをポジティブ思考として、最高の生き方であり、社会のトレンドとする風潮も有るようです。

勿論、ネガティブで泣いてばかりいては、人生を歩む事など出来ません。

とは言え、現実に目を瞑り、臭いものに蓋をしても、問題が消える事は殆どの場合有りません。

一見、終息したように見えても、根本的には何一つ解決していないのです。

草は根っ子から枯らさなければ、またノコノコと生えてきます。

事態が深刻であればある程、尚更です。

やはり、現実としっかり向き合い、一つ一つをこなしていきながら、解決への糸口を探り、トンネルの先の光を見出さねばなりません。

その時、その時の最善を尽くし、その上で、「なんとか成る!」とポジティブ思考で、どんと構えるなら、それは素晴らしい事なのでしょう。

ただ何もしないで、待っていても、現実の受験には受からないし、原発の放射能も消えてはいきません。

やはり、行動が大事なのです。

人間は、いやとりわけ日本人は、楽天的なのか、いつも現実から逃避してしまう国民性が有るような気がします。

夏休みの宿題をやらないで、放っておいても、誰もやってはくれないし、決して片付く事はありません。

そして、いつもギリギリに成って慌てる事に成ります。

現代は、霊的には非常に汚れた世の中と成っています。

何故なら、無神論者、無霊魂論者が増え、あまりに物質的な世の中と成ってしまった為、神々、高級な霊魂方よりの光は全く降りなく成ったからです。

人が神や霊魂は居ないと思い、霊的な光が降りて来ないのですから、邪悪な霊魂、未発達な霊魂達は我が物顔でのさばるように成ってしまいました。

この世は、地上の世界は、低い幽気、低い霊的エネルギーで満ち溢れるように成っています。

まるで、大気汚染、光化学スモッグの中で生きているようなもので、段々と、幽体は不調に成り、霊的な活力も失っていきます。

それは、世の中があまりに物質偏重で、霊的な事を否定するように成ったが故の、理屈から考えても当然の結果と言えます。

それが分らないのは、現代人が客観的に本質を見つめようとする理性が無く、また、あまりに霊的な感性を失ってしまったからと言えるでしょう。

神を否定しても、霊魂を認めなくても、それでも、全ての人には幽体が備わっているのでした。

所謂、霊能力のような特別な人のみが持つ能力ではなく、霊的な感性は、人に幽体が有る限り、大なり小なり持ち合わせているのです。

全ての人はこの世でもあの世でも、本来、霊魂であり、誰がどのように高度な思想や学説を唱え、否定しようとも、事実は決して変わりません。

事実や真実に目を瞑り、先送りにするという事は、手遅れになる可能性もはらんでいます。

夏休みの宿題なら先生に怒られるだけかも知れませんが、健康診断で重大な疾患が見付かり、それを放っておいては大変な事に成ってしまいます。

もし、真実の雰囲気や気配を感じたなら、先送りにする事無く、自身の深い所からの直感を信じて、迷う事無くそれを掴む。それが最善の道なのだと思います。

Fuji

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。