プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
神 (4)
死 (0)
心 (1)
霊 (0)
魂 (2)
仏 (0)
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年(2018年)

明けましておめでとうございます。

お正月と言えば、これを機に、生まれ変わる、新たな始まりといった考え方が、日本人の思想の根底に脈々と流れているように感じます。

家庭では、大掃除を行なったり、年越し蕎麦を食べて邪気を祓い、お正月に餅を食べては力を養い、新しい年を元気に迎えようとする風習が伝わります。

また数え歳といって、昔の年齢の数え方は、1月1日を境に、1歳が加算されると言います。

普段は、満年齢を使い、あまり気にする事は有りませんが、七五三や年祝い(古希、喜寿)、また厄年等は年齢を数え歳で計算するのが正式のようです。

日本人は、あるタイミングで生まれ変わり、今までの事は水に流し、前向きに生きていこうという意識が強いのかも知れません。

また、それは、古代日本では、太陽神を中心とした、八百万の神を信仰する社会だったので、清々しい朝日の光によって、凡ゆる災厄を清め、前向きに進んでいこうという思想が自然に醸成されていったのでしょうか。

しかし、そうした事も全て観念的であり、気持ちの上での事であって、霊的な観点からは、幽体が清まり、健全に成る訳でも無く、魂の罪穢れが消える訳でもありません。

やはり、大切なのは、古代よりの表面的な慣習のみを踏襲するのでは無く、何故、昔の人達が、そうした考え方に至ったのか、その根本を知る必要が有るのでしょう。

日本の古代人の生活は、全て神々への信仰から成り立って居り、それを支えたのが、禊法や鎮魂法といった霊的修行法であったと言えるでしょう。

そうした神伝禊法、神伝鎮魂法を行う事で初めて、日本人の心の奥底に流れる本来の感性が甦って来るのではないでしょうか?

日本も世界も、昇る朝日のように静かに安らかで、神々よりの御力を受け、真の幸せに至らん事をお祈り致します。

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。