プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学と宗教

涼しくなって、読書や思索がしやすくなりましたね。通勤途中ふと思いました。
現代では科学と宗教は何かと対決する犬猿の仲のような感が有ります。

科学者が頭から宗教や神秘思想を間違いと決め付けて潰そうとするのは、却って科学的では有りません。

また宗教者が何かが起きると、何でもかんでも悪い霊の仕業とするのも、多くの現代人にはしっくりこないでしょう。また、それでは悪霊も可哀相というものです。

世の中の現象は、純粋に物理的原因が有るものや偶然の出来事も有ります。また、霊的な要因が深く関わっている場合も有ります。

原始の時代は雷が成っただけでも神の怒りと恐れ祈っても良かったでしょう。

しかし、現代は物理の法則がかなりの部分で解明されています。またそれで割り切れない部分が未だに存在しているのも事実です。

文明が進歩した現代であるからこそ、科学も宗教もお互いに、物事のありのままを見つめ、正しい事は正しい、間違いは間違いと冷静に見つめる姿勢が必要ではないかと思います。

こういった不安定な世の中には、今までとは違った何かが生み出される必要が有るのではないでしょうか。


テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

コメント

いまや、宇宙の始まりと考えられていたビックバンすら宇宙の始まりではなく、さらにその前があることがわかってきました。神が必要とされるトリガーを引くチャンスもドンドン小さくなってきてます。反面、物理がわかればわかるほど、わからないことも多くなってきているようです。宗教で道徳に関する部分は除き、宇宙を説明している部分は、多くの宗教が同じようなことを言っており、想像だけであの考えにいたるのは難しいなあと思います。
非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。