プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画

子守りをしながらTVを見ていると、久々にスターウォーズをやっていました。

私が幼い頃から始まって、壮大で息の長い物語です。
また大人も子供も楽しめる夢のあふれる映画だと思います。

物語中に出て来る、ジェダイの騎士の姿は、霊的修行者の端くれであります自分には感銘する部分が有ります。

その騎士達は修行によって体得した宇宙の神秘な力「フォース」を自分の技に表現していく事は、霊的修行者の「霊力」にも通じるところがあります。

ただ異なるのは、ここで言う「霊力」の背後には必ず高貴な霊的存在が控えている事です。

自分だけの力ならば、あまりに弱く有限でいつかは倒されてしまうでしょう。

しかし確実に高貴な霊的存在と繋がっている事が出来たなら、まさに無敵と言えます。

但し、そういった霊的存在としっかり繋がる事が一番難しいわけですが・・・。

高貴な霊的存在は通常、霊的世界の遥か遥か上方にいらっしゃいます。

まさに地球の裏側と無線交信をするようなもので、電波を届けるだけでもとても大変な事です。

人間の為に存在されている訳ではないので、あの世でそれぞれの神的、霊的生活をされています。

真に必要に応じて、この世に近い次元に降りて来られると言えます。

この世の、お宮やお寺は高貴な霊的存在の仮の宿泊所、またはそのお使いがいらっしゃる所と考えれば分かりやすいでしょう。

でも現代は、科学は発達しても霊的環境は非常に悪化しているので、それもかなり難しく成っているようです。

やはりこれからは、それぞれが清く大きなオーラを持つ霊的アンテナと成って、自分で自分を救っていく時代ではないでしょうか。


テーマ: 思ったこと・感じたこと
ジャンル: 日記

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。