プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救い

救いとは何でしょう。

今この時期なら、安定した生活といった所でしょうか。
たくさんの人が首を切られ、良くても残業ゼロ・臨時休業・減給も当たり前のように成っています。

それでもお金さえ有るとすれば、物は買える状況ですが全く無傷の方は少ないでしょう。

景気は循環するとも言うので、今暫らくは堪え忍ばなければならないでしょう。

景気が回復したとして当初は喜び勇みますが、人間時間が経つと物だけでは満たされない何か虚しさを感じ始めるものです。

心の幸福はブータン、食料自給はキューバと参考に成る国は有りますが、魂としての霊的幸福はいかがでしょうか。

人間は動物には無い高度な精神が有り、あの世から肉体に宿った霊魂です。

人の霊魂としての本質は、上に上に伸びようとする性質が有るようです。

悠久の年月から見れば、霊魂のルーツでもある神々の下へ帰ろうとする一つの原理かも知れません。

そしてそれを急速に進めんとするのが、神々よりもたらされた神伝の修行法とも言えます。

経済はいずれ回復するかも知れませんが、世界の動きとしては僅かながら、
今までと違った社会の方向性が現れ始めているような気がします。

でもそれも人類が生き残る為にやむ終えずといった理由も有るようですが・・・。

理由はともあれ、最終的に多数の方々が神々よりの高貴な気を受け、人間本来霊魂としての救いを得る時代が到来すればと思います。

つつましい生活でも、それが達成出来れば人がこの世に生まれた意味は有ると言えるのでしょう。

<霊って何?>
reiwosaguru2


テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。