プロフィール

Walk

Author:Walk
肉を食べ酒も飲み、妻も子供も居る全くの一般人です。それでも道を求める手立ては有ると信じて、至らぬながら日々、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の霊的トレーニングを行なっています。そんな一修行者の独り言を綴ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
     ↑
★ ランキングに参加中。よろしければポチッとお願い致します。

Facebookページ
電子書籍
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
最新記事
最新コメント
つぶやき集
twilog
最新トラックバック
カテゴリ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たましいの救い - 人は表面の心だけで生きてはいない

魂の救い

http://www.amazon.co.jp/dp/4865436413

<内容紹介>

人は誰でも悩みや苦しみがあります。そんな時、救いという言葉が身近になります。
悩みがある時、人は友人や両親、学校の先生や先輩に相談するのかもしれません。ですが、そうした人々では、難しい相談内容であったり、あるいは、適当な相談相手がいない時、人は神様に救いを求めるのかもしれません。
いずれにしても、人々が救って欲しいのは心なのでしょう。ですが、霊魂に聞きますと、心は魂という大きな意識のほんの一部だと言うのでした。

なぜならば、人間は霊魂として、霊魂の世界で生きていた頃の心をも背負って、再び、この世に生まれているから、ということでした。今、この世で、数十年間生きた経験しかない心は、魂の全体ではないのだそうです。

では、そんな大きな意識である魂にとっての救いとは、一体、何なのでしょうか。そんな事は、私達のような、この世を生きる人間には分かりません。そうした事を知っている意識の高い霊魂に聞くしかありません。

私は、霊媒として、魂の救いという事についての疑問の回答を、それを語りうる霊魂に求めました。そして、出来上がったのが本書です。
表面に現れている心だけではなく、死後も生き続けて行く意識としての人間の魂について、考えて頂きたいと思うのでした。

<著者について>

水波一郎(みずばいちろう)霊魂学研究家、霊的修行法、霊術の研究・指導家。著書に、『大霊力』(大陸書房発売)、『霊魂学を知るために』(ライブ出版発行)、『禊・神秘の法』(史輝出版発売)がある。いずれも、出版社倒産につき、現在は絶版中。現在発売中の著書に『神伝禊法』、『霊魂は居ると思いますか?』、『幽体の悲劇』、『神体』、『霊魂イエス 上・下巻』『真実を求めて』『死後の世界で恋をして』『ネコの死後はどうなるの?』『神伝鎮魂法』『指導霊』他(以上、アマゾン発売)がある。監修HP「霊をさぐる」、「たましいの帰り道」現在、霊魂学と霊的修行法の会、契山館を主宰。

魂の救い2

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

ガンバレ!動物霊魂 - 幽霊狸と仲間達の戦い

頑張れ動物霊魂1

https://www.amazon.co.jp/dp/4865436650/

内容紹介

一匹の狸が交通事故で死にました。狸は死後の世界に入りますが、妻子に会いたくて戻って来ました。
そこで、それまで知らなかった、動物達の悲しい現実を知るのでした。

それからというもの、他の動物と知り合っては仲間を増やし、とうとう人間を懲らしめる決意をするのでした。

動物の霊魂達が人間に対して戦いを挑むのです。さて、動物達は勝てるのでしょうか。どうやって戦うのでしょうか。

動物の霊魂達の努力と信念は、成果を生むのでしょうか?本書の内容は、ある霊魂の作品を、霊媒が執筆したものです。

児童向けの体裁ですが、大人の方でも読めると思います。

著者について

霊魂学・霊的修行法研究家。著書には『ネコの死後はどうなるの?』『死後の世界で恋をして』『指導霊』他。

鳩

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

霊的生命体として-この世の常識はあの世の非常識

霊的生命体として

http://www.amazon.co.jp/dp/4865436286/

内容紹介

もしも死後の世界があって、人間が霊魂となって生き続けるのであれば、
人間は霊的な生命体という事になります。そうなりますと、この世の短い人生だけを考えていては、
真の幸福にはなれないかもしれません。死後、恐ろしい世界に入るのは、誰でも嫌です。 
宗教的な世界では、この世で善い事をしていれば天国に入れて、悪い事をすると地獄に落ちると言われてきました。
ですが、本当にそうなのでしょうか。本書を書くに当たり、協力してくれた高級霊魂は言いました。 
「そんなに単純ではありません。この世の善悪とあの世の善悪は違うからです。
この世では善人と呼ばれても、死後の世界でそう言われるとは限りません。むしろ、逆な人が多いのです。」 
あと百年もすれば、私達は全員死後の世界に居ます。いえ、いつ何が起きるかもわかりません。
明日、他界するかもしれません。霊魂の言葉の真意を知りたいものです。 本書を読まれた後には、
皆さんの常識がひっくり返っているかもしれません。人間は霊的な生命体として生きています。
その現実をもう一度よく考えてみたいものです。

〇目次:
----------
はじめに
第一章 霊魂の世界の常識

1 愛ある行為が正しいとは限らない
2 人々の正義は霊的には正しくない
3 イジメは悪なのか?
4 神は悪霊?
5 神を打倒せよ
6 霊的真理とは嘘である

第二章 霊的身体の進歩

1 龍
2 天狗
3 霊魂の栄養
4 神伝の法
5 魂の進歩
6 幽育
7 霊体

第三章 高貴な存在

1 富士の神
2 霊的真実
3 イエス
4 ラ・ムー

第四章 霊的な現実

1 嘘つき
2 本物
3 メザシ
4 フグ
5 犬
6 猫

第五章 人々の社会

1 自由
2 政治
3 人間
4 神霊
5 進歩と退歩
6 信者
7 宗教

第六章 霊的な真実

1 真の悪
2 邪教
3 人殺し
4 愛
5 救い
6 救い主
7 愛の死

おわりに

著者について

水波一郎(みずばいちろう)霊魂学研究家、霊的修行法、霊術の研究・指導家。著書に、
『大霊力』(大陸書房発売)、『霊魂学を知るために』(ライブ出版発行)、『禊・神秘の法』(史輝出版発売)がある。
いずれも、出版社倒産につき、現在は絶版中。現在発売中の著書に『神伝禊法』、『霊魂は居ると思いますか?』、
『幽体の悲劇』、『神体』、『霊魂イエス 上・下巻』『真実を求めて』『死後の世界で恋をして』『ネコの死後はどうなるの?』
『神伝鎮魂法』『指導霊』他(以上、アマゾン発売)がある。監修HP「霊をさぐる」、「たましいの帰り道」
現在、霊魂学と霊的修行法の会、契山館を主宰。

地獄の鬼

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

『霊的能力の謎』 - 霊能力者、霊媒の真実

[霊能力者] ブログ村キーワード

霊的能力の謎

著者のことば

霊能力者も霊媒も大勢いる。しかし、その人達の中には不真面目な人もいる。霊的な能力が何もないのに、看板を上げている人もいれば、霊能力者の事務所に所属している人もいる。

では、どうしてそうした事が可能なのか。他の分野であれば、出来の悪い商品はよほど安くないと売れ残ってしまう。業者は質の良い商品を作る必要がある。ところが、霊的な能力の質は上がる気配がない。

それは、霊的な能力の有る無しが分かりにくく、嘘をつける分野だからである。元々、科学は霊能力を認めていない。科学的には、たとえ本物であっても、嘘なのである。科学的な面から、霊能力は嘘だから禁止すると言うと、全員、看板を外す事になる。

しかし、需要はある。大勢の人達が納得しない。結局、一人一人が本物とニセモノを選別する事になる。しかし、それは難しい分野なのである。

本書では、霊能力とは何なのか、どうしてそうした能力が起きるのか、そうした事について、霊媒現象と共に考察している。

読者には、霊的能力者個人としての、本物、ニセモノではなく、霊的な現象を起こす人としての、霊能力者や霊媒について知って欲しい。本書は、霊的な能力と霊魂との関わりについて。能力の開発について、そうした事の原理を分析しながら、その善し悪しを追及している。

<目 次>

はじめに

第一章 霊能力者の現実

1 霊能力者は詐欺師だらけ
2 高級霊能力者などいない
3 オーラに色はない
4 霊能力は潜在能力ではない
5 霊能力者に関わるなかれ

第二章 霊能力者の世界の悍ましさ

1 霊能力者に関与する霊魂は邪霊?
2 霊能力者に出来る事はほとんどない
3 真面目な霊能力者は消えていく
4 霊感はないほど良い
5 霊能力の世界は魔物だらけ

第三章 霊媒師の末路

1 霊媒師のほとんどはニセモノ
2 霊媒は育ちにくい
3 霊媒現象が起きるには
4 霊媒現象の成功のためには
5 霊媒の苦しみ

第四章 霊媒の条件

1 ニセモノ霊媒の出現
2 霊媒の誕生には指導者が必要である
3 霊媒現象は邪悪な霊魂が一番上手である
4 高級霊媒になる条件
5 ニセモノからの脱却

第五章 霊能力の開発

1 「宗教とは無関係」と言う霊能力者は危険
2 チャクラ開発で霊能力者にならないように
3 『気』を使うのは霊能力か?
4 気とは何か
5 伝統的な修行場での霊能力開発

第六章 霊媒現象を起こす為には

1 滝場の霊魂
2 ニセモノ霊媒の見分け方
3 高級な霊媒現象
4 高級な霊媒現象には大勢の霊魂が要る
5 高級な霊媒現象が起きる環境

第7章 霊能力の未来

1 本物の霊能力者には複数の霊魂が付いている
2 霊能力者が増えると邪霊も増える
3 霊能力者は大金を得ても不思議はない
4 霊的障害から身を守る為に

第八章 霊力の強化が必要

1 霊能力者と霊媒の共通点
2 霊魂が関与しない霊能力
3 霊力を付けよ
4 不道徳な霊魂に負けない力

第九章 高貴な霊的現象

1 高級霊魂の現実
2 歴史的達人の霊媒現象
3 高級な霊能力者も不要?
4 神霊霊媒

おわりに 

著者について

霊魂学研究家、霊的修行法、霊術の研究・指導家。著書に、『大霊力』(大陸書房発売)、『霊魂学を知るために』(ライブ出版発行)、『禊・神秘の法』(史輝出版発売)がある。いずれも、出版社倒産につき、現在は絶版中。現在発売中の著書に『神伝禊法』、『霊魂は居ると思いますか?』、『幽体の悲劇』、『神体』、『霊魂イエス 上・下巻』『真実を求めて』『死後の世界で恋をして』『ネコの死後はどうなるの?』『神伝鎮魂法』『指導霊』『霊魂からの伝言』(以上、アマゾン発売)がある。監修HP「霊をさぐる」、「たましいの帰り道」現在、霊魂学と霊的修行法の会、契山館を主宰。

(Amazonのサイトにて販売中)

<リンク>

http://www.amazon.co.jp/dp/4865435107/

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

先祖供養

夕焼け

[先祖供養] ブログ村キーワード
[墓参り] ブログ村キーワード

私が子供の頃、家族親族でお墓参りをした際は、先祖に対して、何かしらの願い事をしていた事を思い出します。その当時は、周りがそうしていたから、子供の私も自然と同じようにしていたと言えます。また、人の死後は何でも分かって、何でも出来る、目に見えないスーパーマンに成るという錯覚が有りました。

しかし、成人して自分で物事を判断する年頃に成ってからは、感謝や報告、決意の表明なら兎も角、何の努力も無く、虫の良い願を掛ける事には不自然さを感じるように成りました。況してや、先祖の霊が死後、いきなり神や仏のような存在に、大人格転換を起こして、変わる事が出来るのか甚だ疑問に思うように成りました。

あれ程、頑固で怒りっぽかった祖父が果たして、死後、急に観音様やお地蔵様のような柔和に成れるのかと・・・。

やがて、水波霊魂学に出会ってからは、人の心はあの世へ行っても、そのまま引き継がれ、そうそう急に変わるものでは無いという事が良く分かりました。肉体を捨て、幽体を表面の身体とした、あの世へ行っても、誰しもが単なる人間にしか過ぎなかったのです。

ならば「高い戒名を付け、お経を唱えて上げれば、仏に成れるんじゃないか?」と言う方も居らっしゃるかも知れません。しかしお経というのは、お釈迦様の教えや寓話が書かれているのであって、本来、何か特別な呪文とは異なります。大切なのは、お経を唱える人の修行により培った霊力であり、その霊力により、どれだけ高い霊魂を呼べるか?という事だったのです。

お経を唱える時、そこに先祖の霊魂が居て、高級な霊魂が居りてくれば、先祖の霊魂は救って貰えるかも知れません。また先祖供養に限らず、全てにおいて、お経を唱える人に霊力が有り、実際に高級な霊魂が降りて来るか?または力を降ろされるか?が重要だったのです。

と言う事は、聖職者だから、お経に力が有るとは限らず、一般人であっても正しく修行を行えば、誰でも霊力は持ち得るのです。
私は、そうした修行の法を水波一郎師より授かりました。

それは、いつも申し上げますが、荒行や難行苦行ではなく、女性でも子供でも容易に行う事が出来ます。そして、出家する必要も山へ籠る必要も無く、普通に日常生活を送りながら、忙しい人でも霊的な進歩向上を図る事ができ、霊力も身に付いていきます。

修行がある一定の段階まで昇れば、他者に対し、お祓いを行なったり、その他、様々な霊術(霊的技術)を行う事も出来るように成ります。当然、修行を土台としたお祓いや霊術なので、大きな力を発揮する事が出来るように成ります。

是非、多くの方がチャレンジ頂ければと思っています。

〈霊的トレーニングについて〉

http://www.kouhou-keizankan.jp/subpage3.html

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

霊魂学 ホームページ
◆ Walkの霊的トレーニングの師のホームページ



⇒ 霊に関する総合知識サイト

霊的情報館・霊を探る

⇒ れいをさぐる(スマホ版)



⇒ 人間の心、霊、意識を考察



⇒ 契山館についてのご案内

banar3

⇒ 水波霊魂学紹介サイト
水波霊魂学 書籍集
霊魂学関連サイト(English)
霊魂学 掲示板
霊魂学関係
お気に入り
My Photo Album
RSSリンクの表示
E-Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。